犬との生活

愛犬と一緒にできるかも?!知られざる魅力のドッグスポーツ4選!

ドッグスポーツという言葉を耳にしたことはありますか?近年、愛犬とのライフスタイルの変化に伴い、日本でもドッグスポーツが話題となっています。

ドッグスポーツとはその名の通り、犬と一緒に行うスポーツのことです。一緒にトレーニングをして、競技とともにより一層信頼関係を深められるとして、愛犬家の中で人気があります。

今回はそのドッグスポーツ4選をご紹介します。

①ドッグスポーツ「アジリティ」

ドッグスポーツの中でも一番メジャーな種目のアジリティは、競技に参加している犬も多い、「障害物競走」です。

アジリティは狭いトンネルをくぐったり、バーを飛び越えたり、不安定な足場といった障害を超えていきます。飼い主はコースの指示を出し並走します。

アジリティは素早い動きの中で、いかに息を合わせるかがポイントになるため、練習でも愛犬と仲を深められることも魅力の1つです。

愛犬のジャンプ力や、バランス感覚も向上できそうですね。

アジリティは、知ってはいても、なかなか近くに施設がなくて機会が少ないかなと思っていましたけど、設備のあるドックランに行ってみたり、自宅や庭にトンネルなどを置いてやってみるのも良さそうですね。

②ドッグスポーツ「フリスビードッグ(ディスクドッグ)」

ディスクドッグとはフリスビーを使った競技で、2種類あります。

「ディスタンス」

ディスタンスとは、投げ手が投げたフリスビーを犬がキャッチして戻ってくる距離と速さを競う、海外で多く行われている競技です。

「フリーフライト」

フリーフライトとは、音楽に合わせて数枚のフリスビーを投げ、犬がキャッチします。演技の正確さや美しさ、難易度が得点される競技です。

日本ではこちらが主流のようですが、演技の表現を求められる繊細な競技です。上手な方は犬と踊っているようにも見えるようです。

【体験談】初心者がフリスビーを行う時のポイント

以前、ゴールデンレトリバーを飼っていたときに、愛犬の運動不足解消にと広い公園や、家の近くの空き地で、空中キャッチを夢見て、フリスビーをやってみました。

最初は投げても興味を示さなかったり、取りに走るけど途中で諦めて、持ってこなかったりと、なかなか思うようにいかない毎日です。これはあるあるですね。

まずはディスクで遊ばせたりと、最初からうまくいくはずもなく、噛んで終わりとか…根気が必要でした。

転がして、追わせたりしても、形にはならず、私の投げるセンスも必要でしたね。空中キャッチは夢でした。

結局は転がして、追って、くらいの感じですが、ディスクを持たなくても走って帰って来る姿は嬉しそうで躍動感があり、見るたびにこちらも嬉しくなりました(^^)

本格的に行いたい場合は専門のトレーナーさんに教えてもらうことをオススメします。

ディスクドッグはフリスビーがあれば手軽に始められるので、ぜひ普段遊びにでも取り入れてみてくださいね。

ドッグスポーツ「ドッグダンス」

ドッグダンスとは犬とともにダンスをする競技で、2種類あります。

「ヒール・ワー・トゥー・ミュージック」

ヒール・ワー・トゥー・ミュージックとは、ヒールポジションという決まった位置を基準として、定められたステップやダンスをします。こちらはかなりのテクニックとアイコンタクトが大切のようです。

「ミュージカル・フリースタイル」

ミュージカル・フリースタイルとは、音楽に合わせて自由に踊る競技で、年をとった犬や、ハンディキャップと関係なく楽しめます。

全国でもドッグダンス教室があるなど、スポーツとしてではなく趣味としても人気があります。どんな犬種でも挑戦できるのも人気の理由なのですね。

ドッグスポーツ「ドッグマラソン」

ドッグマラソンは愛犬と飼い主が一緒に走るというとてもシンプルな競技です。

ヨーロッパ圏では多く行われていて、ルールは大会によっても変わりますが、一人に付き、一頭で参加で、リードが離れると失格になります。

男女別や年齢によってクラスが分けられ、タイムを競います。飼い主の体力が問題なければいつでも始められるドッグスポーツです。

何よりシンプルで、愛犬と一緒に走れるということは、気分爽快ですね。

【体験談】気楽にドッグマラソン

ドッグマラソンと言いますか、私は毎朝わが家のヨーキーちゃんと短時間ではありますが、一緒にマラソンをしています。

わが家のヨーキーちゃんは何故か、お散歩中に2ヶ所ほど全速力で走る場所があります。

なので、そこの場所だけでも一緒に走ることに決めました。

「マラソンをしよう」と気張らなくても、愛犬が走る気になっている時に「あそこまで一緒に走ろう」くらいでも、楽しめますよ。

ヨーキーちゃんはとても速いので、飼い主である私が散歩されているような・・・気持ちの良い時間を共有できます!

まとめ

どのドッグスポーツもそれぞれの魅力があり、もちろん根気を要することもあるでしょう。

何でも本格的にと思わなくても、フリスビーやマラソンなら普段遊びにも取り入れやすいですね。

愛犬の楽しみはもちろん、飼い主さんの運動不足も解消してくれそうです。

以上、「ドッグスポーツ」をぜひ参考にしてみてください。