バチェロレッテ

バチェロレッテ杉田陽平の言葉が素敵すぎる!エピソードと名言・感想ネタバレあり

恋愛バラエティ「バチェロレッテ」に出演中の杉田陽平さんの言葉が話題になっています。

言葉を大切にされる福田萌子さんはもちろん、視聴者のみなさんも杉田陽平さんの言葉に胸を打たれたかと思います。

今回は、杉田陽平さんの心に残る言葉とをエピソードをまとめてみました。

最終回のネタバレもありますので、まだ観られていない方はご注意ください!

杉田陽平の自己紹介は『渦巻きなると』

杉田陽平さんは、バチェロレッテの自己紹介動画では「ラーメンの渦巻きなると」とご自身をたとえています。

杉田陽平さんの自己紹介からして「主役でもない」や「脇役なんですね」と、とても謙遜していますが…

バチェロレッテ最終回を観た後にもう一度この映像を観ると、

「杉様、そんなことないです。あなたがヒロインです」って言いたいくらいです。

バチェロレッテの参加者はみなさん前へ出る「俺を見て」「俺はこれができるぞ」と自信に満ち溢れている方が多い中、杉田陽平さんの斬新なキャラにはびっくりしましたね。

まさに、皆さんの予想通り杉田陽平さんは、エピソード1くらいでお別れ枠かなと思う自己紹介と存在感でした。

しかし、杉田陽平さんを知っていけばいくほど、この「渦巻きなると」発言が意味があり愛おしくなるのです。

ラーメンのなるとって、入っていても何となく食べちゃうし、だからと言って入っていないと寂しいっていうような…

福田萌子さんにとって杉田陽平さんとはそんな「渦巻きなると」のような存在となっていくのです。

杉田陽平の言葉とエピソード①出会い『色を見つけていって…』

福田萌子さんとの初めての出会いで、杉田陽平さんはご自身で福田萌子さんの絵を描いて持ってきました。

杉田陽平さんは、まだモノクロで色が入っていない絵を福田萌子さんに見せながら、

これから萌子さんの実物を知って、会話したりとかで色を見つけていって…

と、福田萌子さんとのこれからのストーリーの序章としました。

こういう一緒に作り上げていきたいみたいなのが、嬉しいんですよね。

しかも、杉田陽平さんの計算じゃなくて、ナチュラルに芸術を取り入れるところがいいですね。

そしてその結果、最終回ではタイタニック並みの演出で、福田萌子さんの目には涙が溢れましたね。

福田萌子さんが泣いている時には、杉田陽平さんはティシュをそっと渡していました。

こういう時は、杉田陽平さんは言葉少なく優しく包み込む包容力を見せちゃうんですよね。

ちなみに、タイタニックのヒロインも「ローズ」でしたね…

杉田陽平の言葉とエピソード②沖縄のカクテルパーティー

沖縄のカクテルパーティーの時まで、杉田陽平さんは福田萌子さんの目を直視できていませんでした。

そして、杉田陽平さんは福田萌子さんに

よく見てもいいでしょうか?」と勇気を振り絞りましたら、

見て見て!」と福田萌子さんの顔が杉田陽平さんの目の前に!

福田萌子さんと見つめ合った、杉田陽平さんは照れに照れ、

地球にキスしたよ」っていう冗談とオチをつけっちゃったところが人柄良すぎです。

この時から、福田萌子さんの心も開き「杉ちゃんっ」って初めて呼びます。

杉田陽平さんに見せる福田萌子さんの笑顔がたまらなく素敵なんですよね!

杉田陽平の言葉とエピソード③台湾ランタンデート

杉田陽平の名言『愛とは花びら』

福田萌子さんとの台湾ランタンデートは伝説のデートというくらい、杉田陽平さんという人間が表に出てきて、飛び出す言葉が名言だらけです。

まず、ランタンデートのテーマが『我々だけの星を作る、2人だけの記憶の星座』です。なんともロマンチックで、こんなデートがあるものかと思うくらい!

このランタン飛ばしでは、4つの面にそれぞれ好きな文字を書くのですが、杉田陽平さんと福田萌子さんとの書いたテーマは『愛とは』というもの。

このテーマに対して杉田陽平さんは『花びら』と書いています。

この意味を福田萌子さんに聞かれたら、杉田陽平さんは答えます。

こっちかな、あっちかな。強引につかもうとしたらふわーって行っちゃう。

向こう行っちゃったしな、と思ったらひゅーすぽん(と手のひらに収まる)。

最終回のアフターローズで、杉田陽平さんは福田萌子さんの手のひらにそっと花びらを渡しました

杉田陽平さんのストーリーの伏線回収でしたね。

杉田陽平の名言『お金は表現の羽』

杉田陽平さんの事前に準備したランタンにはもう一つのテーマである「お金とは」について『表現の羽』というものでした。

この意味については、

お金ってただ単にあるだけじゃなくて幸せになるというか、

自分の表現を拡張するためにある

このような杉田陽平さんの表現は芸術センスに溢れ、表現者ならではの考え方ですね。

杉田陽平の名言『何をしたいかではなく誰と何をしたいか』

こちらもランタンの1面に書いた言葉で『何をしたいかではなく誰と何をしたいか』という杉田陽平さんの表現。

この言葉も、「誰と」の部分に「福田萌子さんと」を入れているような気がしてなりませんね。

ここから、間接的に杉田陽平さんは福田萌子さんに気持ちをジワジワ伝えてきています。

そしてこの夜に、応えるかのように、福田萌子さんは他の男性メンバーの前で杉田陽平さんにローズを渡しました。

福田萌子さんこんなはじける笑顔をするんです!

これがファイナルローズであるように願ってしみました…

杉田陽平の言葉とエピソード④福田萌子さんへの告白

杉田陽平さんは、台湾デートの後から、ジワジワではなく、何度もはっきりと福田萌子さんに愛を告白しています。

  • 「たまらなく好きです」
  • 「今の自分がすごく好き」
  • 「萌子さんは僕の人生で必要不可欠になっちゃったんですよ」
  • 「萌子さんは唯一無二。萌子さんじゃないとダメ」
  • 「萌子さん以上に素敵な人はいない、 だから誰にも譲りたくない」
  • 「萌子さんのことを考えると成長出来るし、びっくりする明日になる」

福田萌子さんのことが「平たく言うと大好き」というストレートで気持ちの込められた一つ一つの丁寧な言葉に毎回、感情移入の涙でした。

福田萌子さんのことも、自分のことも大好きになれる恋愛って、杉田陽平さんにとって何よりの宝物ですね。

杉田陽平の言葉とエピソード⑤『わしも男やぞ』『わしが聞きてぇわ』

杉田陽平さんはいつもは言葉を選び、丁寧な発言をされますが、時々本性と本音で「男性杉ちゃん」の部分が出ます。

どうしても、瞬時に感情がそのまま出るときは、『わし』が出てきます。

特に最終回の黄皓さんとの掛け合いが絶妙でした。

お互いにローズをもらっているものだと思っていた、杉田陽平さんと黄皓さんが、どちらも選ばれていないと知った時の一言の『わしが聞きてぇわ』です。

ちょっと素が出る杉田陽平さんの可愛さがまた魅力ですね。

杉田陽平の言葉とエピソード⑥『途方もなく萌子さん』

そして、選ばれなかった直後の悔しいはずで落ち込んでいる時にも杉田陽平さんは、

途方もなく萌子さん』とつぶやきます。

杉田陽平さん、福田萌子さんのこと全部わかってるんじゃん!

この言葉が杉田陽平さんの愛の全てじゃん!って思います。

杉田陽平の言葉とエピソード⑦『ちょうどいい立ち木』『真実の愛とは水です』

杉田陽平の名言『ちょうどいい立ち木みたいな存在になりたい』

最終回のローズセレモニーで、

僕は萌子さんの翼になりたいし、包み込む風になりたいなって思っているんです。

立ち木っていうか、休んでることあると思うんですよ。

雨の日にね、やっぱり走らないでじっとしてる時だってあると思うんでね、そういう時ちょうどいい立ち木みたいな存在にね、僕はなれたらいいなって(思ってるんです)」

これですよ、これですよ!

個人的には、ここでこの言葉で杉田陽平さんに決めてほしかった~。

福田萌子さんと杉田陽平さんがお別れを決めた後ハグしながら

また夢の中で会おうって

これが恋愛ですよぉ…

福田萌子さん涙してたじゃないですかぁ…

杉田陽平の名言『真実の愛とは水』

アフターローズで杉田陽平さんは真実の愛についてを語ります。

真実の愛とは水かな?コップに注いである水なんですよ。

好きだからどんどん継ぎ足していって最後は溢れたものがこれですよ(溢れた涙に指をさす)

杉田陽平さんは福田萌子さんへの愛はまっすぐで、どの言葉も優しいです。

杉田陽平さんの言葉と愛は、福田萌子さんにしっかりと届いたからこその迷いだったり悩みなのかなって思います。

杉田陽平さんの『立ち木』に少し寄りかかってみては?って思っちゃいました。

でも、全力のバチェロレッテ福田萌子さんは、悔いのないご自身の選択をされたのでしょう。

そして、杉田陽平さんの言葉はどれも心に響く名言でしたね!

バチェロレッテ杉田陽平の年収や作品価格がすごい!高校や大学も美術三昧!バチェロレッテに出演されているとても個性的でオアシスの様な存在の杉田陽平さん。 杉田陽平さんの職業は画家ということですが、どんな活...
バチェロレッテ福田萌子の職業と年収がすごい!主な収入源は何?大人気恋愛サバイバル番組「バチェラージャパン」に続く「バチェロレッテ」の放送が開始されます。 初代「バチェロレッテ」は福田萌子さん...