犬との生活

犬の首輪とハーネスどう違う?それぞれのメリットとデメリット

愛犬のお散歩グッズを揃える時、「うちの子には首輪(カラー)ハーネス(胴輪)どちらにしようか?」と迷うことがありますよね。

今回は首輪とハーネスの違いをメリットとデメリットでまとめてみました。

首輪

一般的に思い浮かび、よく見かけるのは「首輪」が多いかもしれません。

輪っか状になっていて、装着させる際には飼い主さんの指が2本程度入るくらいに調節するとちょうどよいサイズになります。

首輪を使うメリット

手軽につけることができて、日頃から身につけることで初めての首輪に慣れさせやすいです。

わが家のヨーキーちゃんも今は首輪派です。身体が細いので、首である程度しっかり支えられている安心感があります。

また、予防接種の済票を一緒につけているので証明になり、お出かけやトリミングの時は便利で安心です。

装着位置は耳の後方辺りにくるようにしておくと、飼い主さんの合図が伝わりやすくなるため、しつけをしたいという飼い主さんには有効的ですね。

首輪を使うデメリット

飼い主さんの合図が伝わりやすい首輪ですが、特にお散歩の時に、グイグイ引っ張るクセのある愛犬ですと常にリードが張ったままになり、首がしまっている状態が続くので、首や呼吸器に負担がかかってしまうこともあります。

高齢犬など呼吸器に気を配らなければいけない場合は気をつけましょう。

お散歩の時は、常に飼い主さんの横を歩かせるトレーニングを行うと引っ張りグセの予防になりますね。

ハーネス

ハーネスには、様々な形状のものがありますが、基本的にどれも引っ張っても犬の身体に負担が少ないように作られたものが多いようです。

ハーネスを使うメリット

気管支炎や呼吸器系の疾患がある場合には、引っ張っても力が分散されるので、身体に負担のかかりにくいハーネスがオススメです。

また、高齢犬や、ヘルニアなど歩行に差し支えが出るような疾患を患っている犬のお散歩にも適しています。

種類も豊富で、おしゃれな色や柄のものも多いので、選ぶことも楽しいですね。

ハーネスを使うデメリット

ハーネスは首輪と違って、飼い主さんの合図は伝わりづらく、トレーニングやしつけには向いていません

以前、ゴールデンレトリバーを飼っていたときにハーネスを使用していたことがありました。

皮膚が弱かったせいか、歩いたら脇の下が擦れてしまった経験があります。愛犬に合った素材やサイズの調節を上手に行うと良かったかもしれません^^;

まとめ

首輪かハーネスを選ぶかは、「どのような目的で装着するのか」「身体への負担はどうか」などが大切のようです。

例えば、健康な子犬でまだしつけが必要な場合は、首輪の方が向いていますし。逆に、高齢犬など体に負担がかからない方を選ぶならハーネスを選択すると良いでしょう。

このように成長と共に使うものも変えていくこともできます。

どちらも、お散歩をする時には大切な愛犬と繋がるための必要不可欠なものです。お互いにその時のベストなものを選んでいけたら良いですね!

ぜひ参考にしてみてください。