犬との生活

犬が手足や床をペロペロなめる心理やワケ・対処法を解説!

愛犬が、飼い主の手や顔、愛犬自身の足や手をペロペロなめている仕草は、とても可愛いものですね。

「こんなにも、愛情を示してくれて嬉しいな」と思いますが、実はなめるという行動は、愛情表現だけではないこともあるのです。

今回は、犬が飼い主をなめる心理自分自身をなめる心理床や地面をなめる心理を解説します。

犬が飼い主をなめてくる心理

犬が飼い主の体をなめる理由は、顔、手足、など場所によって少し違います。

それぞれの部位をなめることで、どんな心理があるのでしょうか?

①犬が飼い主の顔をなめる心理

飼い主の顔をなめるのは、目上の人に対して敬意を示すような意味があります。

特に顔をなめる時は、ペロペロと嬉しそうな表情ですね。飼い主に対しての愛情表現で顔をなめてくることがあります。

②犬が飼い主の手や腕をなめる心理

飼い主の手や腕をなめる心理は、甘えたい一緒に遊びたいという意味があります。

撫でてくれたり、ご飯をくれる飼い主さんの手は優しいものだと感じています。

犬にとって安心感や愛情を感じる飼い主さんの手は、信頼の証なのですね。

③犬が飼い主の足をなめる心理

暑い夏や裸足でいる時、愛犬に足をなめられることはありませんか?これは、手をなめるときと同じで一緒に遊びたいかまってほしいというサインです。

また、犬はきついニオイがお好みのようです。蒸れた靴下や、汗の染みたTシャツをクンクンしていることがありませんか?

飼い主さんのそんなニオイが大好きなのですね。

犬が自分の体をなめる心理

①犬が自分の手をなめる心理

犬が自分の手をなめている時は、人間で言う「手持ち無沙汰」のような状態で、退屈な時に手足をなめていることが多いです。

暇つぶしみたいなものですね。

上目遣いで、飼い主さんを見ていたら、かまってほしいというサインです。

②犬が自分の体をなめる心理

犬が自分の体をなめているときも、同じようにかまってほしいという理由から、体までなめていくパターンです。

「何しているの?」「そんな所なめないの」など、飼い主さんの目を引こうとしている可能性があります。

一緒に遊ぶことを期待しているのですね。

  • 皮膚が赤くなるほどなめている場合や、気が付けばいつも体をなめている時はストレスが溜まっているかもしれません。
  • 一部をずっとなめている場合は、痛みや不快感などのトラブルがあることもあります。
  • このような時は、愛犬の様子をよく見て、必要なら病院に相談してみましょう。

    わが家のヨーキーちゃんは、寝起きの子どもたちを喜んでペロペロしに行こうとします。

    しかし、なめるという行為は、時に犬独自の菌があることも忘れずに注意が必要です。できるだけ顔を背けたり、何気なく避けたりして感染を防いでいます。

    犬が床や地面をなめる心理と対処法

    犬が床や地面をクンクン、ペロペロしている時にはきちんとした理由があります。

    飼い主や、自分自身の体をなめる心理とも共通しますが、食べ物の匂いにつられていたり、ストレスを感じている場合があります。

    ただお腹が空いている心理と対処法

    わが家でも床やソファーには、子どもたちの食べこぼしが落ちていることがあります。

    お腹が空いているのか、朝一番にフローリングマットをペロペロお掃除が日課でした。なので、ヨーキーちゃんがなめる前に、床掃除をします。

    床を拭き掃除したら、途端になめなくなりました。

    犬にとって有害な食べ物もありますし、衛生的に問題があるので注意をしています。

    また、低いテーブルでの食事も避けています。なるべく愛犬の手の届かないところで食事をしましょう。

    緊張感や不安を感じている心理と対処法

    犬が床や地面をなめている時は、緊張や不安を感じていたり、心を落ち着かせようとしてなめていることがあります。

    なめていることを、怒ったり、無理に止めさせようとすると、返ってストレスが溜まってしまうので、「おすわり」「ふせ」などで一度、気をそらす方法もあります。

    なめることで、愛犬はストレスを発散したり、かまってほしいと伝えていることがあります。

    そんな時は、いつもより一緒に遊ぶ時間を長くしたり、お散歩コースを変えてのんびり、リフレッシュさせてあげることも大切ですね。

    まとめ

    愛犬がペロペロしてくれることは大切なコミュニケーション手段でもあり、愛情表現の他にも、たくさんの意味が込められていました。

    言葉を話せなくてもなめることで、一つひとつの気持ちが伝わり、理解できると、より絆が深まり、楽しい時間が過ごせますね。

    以上、犬がペロペロなめる心理を参考にしてみてください。