犬との生活

犬の寝相で気持ちを読み解く!寝ている愛犬はどんな姿?

可愛らしい寝相で私たちを癒してくれる愛犬たちですが、寝相によってさまざまな意味があるようです。

犬にとっての睡眠や寝相にはどんな心理があるのでしょうか?

今回は犬の寝相と犬の気持ちについてまとめてみます。

犬の平均睡眠はどれくらい?

まず、人間の場合成人で6~8時間の睡眠が必要だとされています。

犬は私達人間よりも長く寝ているような気がしますが、いったいどれくらい寝ているのでしょうか?

一般的に犬の睡眠時間は1日の半分以上で、12時間~15時間くらいが平均的な睡眠時間です。

しかし、年齢や環境、または犬種により変化します。

年齢別睡眠時間と眠りの特徴

  • 子犬(0~1歳まで):1日18時間~19時間と長く、活動的な分、眠りは深い
  • 成犬(1~7歳くらい):1日12時間~15時間で、小型犬より大型犬の方が長い
  • シニア犬(8歳~):1日18時間~19時間で、体力が衰えるため、疲れをとるのに時間がかかる

人間の約2倍以上もの長い睡眠をとっている犬ですが、実は熟睡していません

人間の睡眠は、90分ごとに浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)を繰り返しています。

しかし、犬の睡眠は、浅い眠り(レム睡眠)の時間が長いのです。

つまり、時間は長く眠っていても、熟睡している時間が全体の2割くらいなのです。

そういえば、我が家のヨーキーちゃんも、家族が動くたびに起きたり、少しの物音でも耳がピクピク動いていたりするのは、浅い眠りだったからですね。

犬は昔、狩りをして暮らしていました。

野生で、寝ている間も外敵から身を守るために、いつでも行動できるモードだったようです。

このことから、犬は眠りが浅い分、長時間眠ることで健康を維持する必要があったのでしょう。

愛犬の睡眠時間をたっぷりとって、少しでも熟睡時間を多くしてあげることも必要ですね。

寝相でわかる愛犬の気持ち

眠っている愛犬の姿を見ると、つくづく可愛いな~と実感する瞬間でもあります。

しかし、寝相や体の角度が激しい時はありませんか?その姿で痛くないのかい?と聞きたくなります。

そこで、代表的な犬の寝相をご紹介します。

犬の寝相①丸くなって寝ている

わが家のヨーキーちゃんのいつもの寝姿

よく見る一般的な寝姿です。

丸くなることで内臓を守り寒い時は体温調整のためこの姿になると言われています。

また、緊張している時もこの姿勢で寝ている時もあります。

この寝方の時はだいたい、目は薄く開いていますね。

犬の寝相②横向き

 

薄目だけど熟睡モードのわが家のヨーキーちゃん

横向きで寝ている時は、犬にとって楽な姿勢で、リラックスしている状態です。

気持ちを開放して安心しきっている時の寝相なのでゆっくり寝かせてあげたいですね。こちらの寝相は、貴重な熟睡モードの時間ですね。

横向き寝のときのわが家のヨーキーちゃんは走る姿をして、足が動いている時があります。

このような時は、走っている夢を見ていると言われています。

いい夢見てるんでしょうね。

犬の寝相③うつ伏せ

うつ伏せは、寝ていなくてもいつもこのような形でいますね。

寝ていてもすぐに起き上がれる体制です。

ということは、周囲を警戒していて、浅い眠り、もしくは意識はある状態ですね。

暑い時は、足を開いて、お腹を床にぴったりと付けて寝ることもあります。

床が冷たくて気持ちいいので、こちらの寝方も体温調整していますね。

実は、犬が顎を地面につけている姿は意味があるようです。

地面から顎に伝わる感覚で敵が来るのをキャッチし、寝ている間でも敵から身を守る術も昔からの名残ですね。

犬の寝相④仰向け

急所であるお腹を見せる言わば無防備な状態です。

これは、おへそが天井に向かっていることから「へそ天」とも呼ばれ、犬はリラックス全開な時です!

飼い主さんのそばで、安心しきっている時の状態です。

お腹を見せることにより、飼い主さんにも服従姿勢な上、敵が来るという警戒心は全く0な状態です。

飼い主さんを信頼しているのでしょう。

なんと幸せな時間でしょうね。

飼い主さんからしても、この姿を見ていると非常に安心できますよね。

思わず、お腹触っちゃいますけどね…せっかくなので、よく寝かせてあげましょう。

犬の寝相⑤毛布やタオルと一緒に寝る

寝床を作るわが家のヨーキーちゃん

わが家のヨーキーちゃんもですが、毛布や家族の洋服の上でよく寝ています

これは、自分のニオイや家族のニオイで「安心して眠りたい」という気持ちのようです。

わが家では、ヨーキーちゃんがお留守番の時は毛布を置いておいてあげています。

自分で上手に寝床を作っていますね。

まとめ

今回は、犬の寝相と気持ちをまとめました。

寝相にも、「警戒している」「リラックスしている」「あなたを信頼している」など、言葉ではないですけど、ボディランゲージで私たちに伝えてくれているのかもしれません。

愛らしい寝相に、思わず触れたくなってしまいますが、しっかりと睡眠時間を確保してあげることも大切です。

愛犬の健康維持のためにも、よく眠れるよう環境を整えてあげましょう!