犬との生活

愛犬が甘えている仕草5選!くっついてくる気持ちとその理由は?

愛犬が、飼い主さんを頼って、甘えてくっついてくる仕草は、たまらなく愛おしいものです。

昔から犬は人間の良きパートナーとして信頼関係を築いてきました。そんな犬はとても甘え上手なのです。

今回は、愛犬が甘える特徴的な仕草5選甘える気持ちの理由をご紹介します。

愛犬が甘えている仕草とは?

大好きな愛犬が甘えてくる仕草には、どんな仕草があるのでしょうか?

愛犬の甘える仕草①前足を乗せてくる

愛犬が、飼い主の腕や足にちょこんと前足を乗せてくることがあります。

この仕草は「かまってほしい」という気持ちの現われです。

さらに、飼い主さんのことを「独占したい」という強い甘えの意味もあります。

また、「もっとご飯が欲しい」「遊んでほしい」という要求を伝えていることもあります。

飼い主さんが愛犬の気持ちをわかってあげることも、もちろん大事ですが、この要求に常に応えてしまうと、ワガママになってしまうこともあるので、状況をよく考えて接していきましょう。

わが家のヨーキーちゃんは寝ている時も、私たち飼い主の足に何気なく自分の前足を乗せてきます。

これは家族の中で、「寝ている間、どこにも行かないで~」という意味だと解釈しています。

どうしても動かなければいけない時は「チョット待っててね、すぐ戻るよ」と声をかけて、静かに前足を置きます。

こちらもチョット切ない気持ちですが・・・(;_;)

愛犬の甘える仕草②あごを乗せてくる

飼い主が寝転がったり、座っていると、そばに寄り添ってきて、あごを乗せてくることがあります。

これは、リラックス状態で体の力が抜けて無防備になっている状態なので、飼い主に対して絶対的な信頼感を抱いています。

このような「あご乗せ」の仕草の時、愛犬はとても安心しています。これはめちゃくちゃ可愛いし、飼い主にとってもとても嬉しいですね!

また、犬はスキンシップが大好きなので、やさしく撫でてあげるとより安心して喜んでくれます。

しかし、このような時もしきりに「撫でて!」という強い要求の場合は、過剰な甘やかしにならないように「いけないよ」と注意をすることも飼い主さんの大切な役割です。

愛犬の甘える仕草③お腹を見せてくる

愛犬が飼い主の前でコロンと寝転び、お腹を見せておへそが天井へ向く「ヘソ天」の状態になってくれるこの仕草。

動物が、お腹を見せる行為は、服従のポーズとも言われています。「あなたを、心から信頼しています」という意味ですね。

犬がお腹を見せてくれれば、リーダーとして認めているということにもなります。

同時に「お腹をなでて欲しいな~」という気持ちもあります。

このような時は両手で円を描くようにマッサージしてあげるとたいへん喜んでくれるでしょう。

愛犬の甘える仕草④顔をなめてくる

愛犬が顔をなめる仕草は、飼い主を親のように信頼してくれている心の現れです。

顔をなめるという仕草は、犬にとって飼い主を大好きで、信頼・敬意の気持ちが込められています。

言葉ではないけれど「大好きだよ」「一緒にいてね」という気持ちを全身で伝えてくれていると思うと、とても嬉しいですよね。

愛犬の甘える仕草⑤飼い主の後ろをついてくる

トイレやお風呂に行こうと歩いていると、愛犬が後ろからトコトコついてくる気配が!なんて時、ありますよね。足音でわかると言うか・・・

なんて可愛い「ストーカー犬!」って感じです。小さな子が母親の後を追ってくるように、信頼している証でもあります。

犬はもともと、群れで暮らしていたので、自分のテリトリー(家の中)を群れで歩く習性があるのです。長い間群れで行動していた犬はごく当たり前のことなのですね。「大好きな飼い主について行かなきゃ」という気持ちでしょうか。

ただ、時々甘えてついてきている状態なら心配はないのですが、これがエスカレートすると「分離不安」になってしまうこともあります。

愛犬とは常に一緒にいたいですが、時には適度な距離を保つようにしましょう。

愛犬が甘える理由

どうして犬は甘えてくるのでしょうか?

主な理由4つをご紹介します。

愛犬が甘える理由①遊んでほしい

先程の甘える仕草と同時に、キラキラ目を輝やかせて見つめてくる時は「一緒に遊んでほしい」と伝えていることがあります。

このような時は、家の中でボール遊びをしたり、散歩に連れて行ってリフレッシュさせてあげると良いですね。

愛犬が甘える理由②ご飯やトイレに行きたい

「お腹が空いたよ」「トイレに行きたいよ」と何らかの要求を伝えたい時に甘える仕草をします。

言葉では話せませんが、ボディランゲージで伝えているのですね。

要求は強くなると「クゥーン、クゥーン」と甘え鳴きすることもあります。

愛犬が甘える理由③寂しさや不安がある

犬は群れで生活をしていたことから、留守番が苦手で寂しがってしまう性格が強いことがあります。

飼い主に対する依存が大きくなりすぎてしまうと「分離不安」に陥ってしまうこともあります。

これは、飼い主が見えなくなると不安になり、パニックになってしまう状態です。

常にベッタリで、甘やかし過ぎてしまうことは要注意です。犬にとっても大きなストレスを与えてしまいます。

わが家のヨーキーちゃんは、普段は留守番には慣れているのですが、家族が長期休みでベッタリと一緒にいる時間があると、いざ離れた時にこのような状態になってしまいます。

少しの時間の留守番でも玄関で寂しそうに待っていたり、マットにオシッコしていたり・・・

なのでベッタリするだけではなくて、短時間でも外出して、ヨーキーちゃんだけの時間を作るようにしています。

行動や生活を少し変えるだけで、適度な距離が保つことができます。

愛犬が甘える理由④体調が良くない

いつもより甘えてくるかな?と感じたらどこか体に不調があることがあります。

痛みや不調を言葉では表せないので、飼い主へのスキンシップで伝えている可能性があります。

飼い主に寄り添うことで不安を解消しようとしているのかもしれません。

このような時は、スキンシップをしながら、不調の理由を見つけるため、全身を観察してみましょう。

まとめ

愛犬が甘える仕草にもそれぞれ、気持ちや理由があるのですね。

ただ、甘えとワガママを飼い主さんが見極めていくことが大切です。

甘えている仕草や理由がわかると、信頼を寄せてくれているんだなと、今後の生活でより通じ合えそうですね。

以上、愛犬が甘える特徴的な仕草5選甘える気持ちの理由を参考にしてみてください。