犬との生活

犬を家族に迎える!出会うにはどのような方法があるの?

「犬を飼いたい!」「一緒に生活してみたい!」と思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、どこで出会えるのか?自分に合った素敵な出会いは?と疑問に思いますよね。

今回は、愛犬とどのように出会えるのかどのような方法があるのか、主に3つを調べてみました。

愛犬を迎え入れられる方法

1.ブリーダーから迎え入れる場合

犬のブリーダーは、特定犬種純血種の犬を育成して、繁殖している動物取扱業者です。

飼いたい犬種が決まっている場合はオススメです。

ペットショップのように取り扱う犬種は多くないですが、1人のブリーダーが扱う犬種は1種類の場合もあります。

産まれた子犬はペットショップに行くこともありますが、直接購入ができる場合もあります。

私は以前、ゴールデンレトリバーを飼っていましたが、子犬をブリーダーから購入しました。

産まれる前から予約をして、待ち遠しかったことを覚えています。

子犬の育った環境がわかること、購入までの間、親兄弟と一緒に過ごせていること、購入後も訪れればいつでも家族に会わせてもらえること、これはとても良かったことです。

また両親を見ることができるので、将来の姿が想像できたりと、安心して育てることが出来ました

そのブリーダーさんは、獣医師だったこともあり、体調やしつけなどすぐに相談ができたことも心強かったです。

ブリーダーは、特定犬種を育成しているため、その犬種についてとても詳しいので、アドバイスを頂けるということは魅力ですね。

2.ペットショップから迎え入れる場合

ペットショップでは主に純血種の子犬を販売しています。血統などを考えて繁殖、育成しているブリーダーから仕入れた2ヶ月以降の子犬が中心で、成犬はほぼいません。

ペットショップで選ぶ際には、お店での世話が行き届いているかがポイントです。

スッタフ(人)と触れ合っていれば、迎え入れてからのコミュニケーションもスムーズに進むでしょう。

また、1つの店舗で多様な犬種が見られるので、見比べらながら選ぶこともできます。

わが家のヨーキーちゃんは、ペットショップで出会いました。

まさに、一目惚れでした。(飼育初心者の方は心構えが大切なので、一目惚れはオススメしませんが^^;)

「この子は私の膝で育てるんだ!」と瞬時に思ってしまったのです。

私はこの一目惚れに全く後悔はしていませんが、迎え入れた翌日に、コッテっと倒れてしまいました。

栄養状態が良くなかったようです。このように、ペットショップでは、たくさんの動物を育成しているため、個体の体調面や疾患など細かいことがわかりにくいことが心配な点です。

もし、ペットショップでの購入をお考えでしたら、気になる点を積極的に聞いてみましょう。

3.保護犬を迎え入れる場合

保護犬とは、捨てられたり、迷子になってしまったり、保護活動を行うボランティア団体に保護されている犬のことです。

全国各地で定期的に開かれている「譲渡会」で出会えることがあります。

最近では、ペットショップ内で譲渡会の場を設けていることもありますし、保護犬カフェとして常設されている施設もあります。

保護犬を迎え入れたい場合は、一定期間のトライアル期間が設けられていることが多いようです。

そのため、迎え入れる犬と家族の相性や、生活環境、条件など見極められますね。飼い主さんが冷静に「本当に飼えるのか?」と考えられる機会でもあります。

さらに、困った時は、保護主さんにアドバイスをもらえたりします。

まとめ

将来の愛犬とどこで出会えるか、どのように出会うかは、飼い主さんの考え方によります。

どんな出会いでも、正しい知識を持ちずっと愛情を注いでいくことには変わりはありません。

迎え入れる時期や環境も大切ですね。素敵な「運命の出会い」が楽しみですね!

ぜひ、参考にしてみてください。