犬との生活

どう過ごす?夏の暑さ対策とポイントを紹介!愛犬と暑い季節を乗り切る方法!

犬は体温調節が苦手な動物ですので、暑い季節の愛犬の暮らしを少しでも快適に過ごせるようにしたいものです。

今回は、暑い季節を上手に乗り越えられるべく、夏の暑さ対策とポイントを実体験を交えてご紹介します。

夏場の暑さ対策

人間は暑いと汗をかいて体温調節をしますが、犬には汗腺が肉球などの一部にしかありません。

そのため、基本的に犬は暑さには弱い動物とされています。

では、実際に夏場の対策はどのようなことが有効なのでしょうか?

エアコンで室温を涼しく保つ

室内飼育をしている場合は、エアコンや換気で室内を涼しく保ちましょう。

犬にとって快適に感じる温度は22℃位とされていますが、冷やし過ぎも注意です。

エアコンの吹出口を下向きにしておくと、冷たい空気は下へいきますので、吹出口は水平か上向きにして、扇風機を回し、部屋全体に送風できるようにしておくと良いでしょう。

わが家も暑い夏の時期は、日中もほぼエアコンを付けたままにして、過ごしています。

以前はゴールデンレトリバーと暮らしていましたが、大型犬でもあるので、とても暑がり、エアコンの温度も人間だと少し寒いと感じる22℃以下にしていました。

ヨーキーちゃんの場合は、大型犬ほど暑がらない様子ですので、室温は26℃位で快適のようです。

犬種や個体差もあるので、その都度愛犬の様子を見ながら、温度設定をしていきましょう。

犬は体感によって、自分で場所を選ぶので、何箇所か選べる場所を確保しておくとその時によって、玄関や風通しの良い居場所を決めます。

自分で涼しい場所を探すのが得意です^_^

近年、飼い主の留守中に雷などで停電してしまい、エアコンが切れてしまうケースが多いようです。

なるべく天気予報をチェックする、水を多めに入れておく、風の通り道を作っておくなどの対策は各家で考えるべきですね。

長時間の外出時は、ペットサロンのお預かりなどで対処することもできますね。

お散歩は涼しい時間帯に

真夏のアスファルトは60℃にもなります。裸足で歩く犬にとっては非常に暑いものです。

また人間より体高は低く地面に近いことと、暑さに弱いことから熱中症になりやすいです。

わが家は日の出前の4時位に早朝のお散歩に出かけます。

朝は7時前でも日が強いので、犬にとっては暑いでしょう。

また、夕方のお散歩は、気温が下がってからや、雨上がりなど、涼しいことを確認して、一度地面の温度を手で確かめてから歩くようにしています。

夕方でもまだまだ気温が下がらないことが多いので、お散歩が夜になってしまう場合には、暗い夜道に気を付けましょう。

リードや首輪に点滅ライトを付けると安全ですね。

また、携帯用の水飲みトレイを持参して、お散歩中の水分補給も心がけましょう。

暑さ対策グッズを使う

アルミプレート&ペットボトルに装着する水飲みトレイ

最近では愛犬用のクールダウングッズをよく目にします。

様々な種類がありますが、わが家では放熱性の高いアルミプレートを愛用しています。

お腹をつけて寝ていてもひんやりしているので気持ちが良さそうですですし、水洗いができるので、清潔に保てます。

また、犬が暑がっている時に保冷剤入の冷却シートを体に装着して、体温を効果的に下げる方法もあります。

しかし、こちらはおもちゃと間違えて噛んでしまう恐れがあるため、シートの破損には気を付けなければなりません。

中身の「高分子ポリマー」を食べてしまうと大変危険です。

飼い主さんの目の届く範囲での一時的な使用が良いでしょう。

夏場のチェックポイント

夏場の被毛

暑くなると、飼い主さんは少しでも涼しくと愛犬を気にかけ、「サマーカット」することも多いかと思います。

見た目は涼しそうですが、少し注意が必要です。

犬の皮膚は人間よりも、より繊細にできています。

犬の被毛は、暑さ寒さや紫外線、虫や外からの刺激から守るなどの役割があります。

皮膚が見えるほどの丸刈りは、このような刺激から守られなくなってしまいます。

被毛はある程度の長さを保つことが大切ですね。

夏場の屋内・屋外での熱中症

動物は汗腺から汗を出し、体温を下げ調節をします。しかし、犬は汗腺が少ないため、体温を下げることは苦手です。

そのぶん、犬は口を開けハァハァと息をすること(パウンディング)をして、体温を調整します。

息が荒くなってしまったり耳やお腹の体温が急激に熱くなってしまったら、熱中症の危険がありますので、涼しいところに移して、様子次第では病院に連れていきましょう。

熱中症は、外出の際の車内や、部屋の中でも起こる可能性がありますので、温度管理が大切です。

また、屋外飼育の場合は、木やよしずを使って、直射日光が当たらない場所に、ハウスを置いたり、打ち水をしたり、風通しを良くするなどの工夫をしましょう。

犬は暑さも苦手ですが、湿気はもっと苦手です。風の通り道を考えてあげましょう。

まとめ

夏の暑さ対策には、エアコンで温度調節をしたり、お散歩はなるべく涼しい時間帯を選んだり、クールダウングッズを利用したりと、愛犬の暮らしを安全に守る様々な工夫がありますね。

もちろん、気を付けるべき点も多いですが、飼い主さんにとっても愛犬にとっても、快適に夏を乗り越えられると良いですね。

以上、夏の暑さ対策を参考になさてみてください。