犬との生活

犬の寒い時期の過ごし方・寒さに弱い犬種とは?秋~冬の寒さ対策を紹介

愛犬と暮らしている飼い主さんにとって、季節ごとでの過ごし方に毎年悩んでいることはありませんか?

犬種や年齢によっても対策が変わってきますよね。

今回は、秋~冬にかけての寒い時期の過ごし方と、またその対策をご紹介します。

季節の変わり目は犬も体調を崩しやすい

私たち人間は、季節の変わり目になると風を引いたり、体調を崩しやすくなります。

特に秋~冬にかけて急激に気温が下がることが原因とされることがあります。

これは犬も同じなので、このような時期は特に愛犬の様子を観察してみましょう。

  • 元気がない
  • いつもより食欲がない
  • 心当たりのない下痢
  • 散歩を嫌がる

2日くらい観察してみて、改善の様子がない時は、動物病院へ連れていきましょう。

犬が寒さを感じている行動は?

犬の平熱は38.5℃前後と高く、犬は人間よりも、寒さに耐性があると言われています。

しかし、犬種や年齢個体にも差がありますので、愛犬にあった寒さ対策が必要です。

室温が20℃以下になると犬は、寒さを感じている可能性があります。

犬の快適な温度環境は、室温25℃位、湿度40%~60%を保てると良いですね。

犬が寒がっている行動は次の通りです。

  • ケージの隅で体を小さく丸めている
  • ベットの下や、毛布や布団の中に潜っている
  • いつもより、人の近くに寄りたがる
  • ブルブル、ガタガタ、震えている
  • いつもより、水を飲む量が減っている

このような時は愛犬が快適に過ごせるように寒さ対策をしていきましょう。

寒さに弱い犬種

寒さの感じ方は個体差もありますが、犬種や原産地によっても違います。

地面に近い子型犬や中型犬は、大型犬よりも寒さを感じやすいです。

原産が南方の犬種

犬は犬種によって原産地が異なります。

例えば、北方の原産である犬種(シベリアンハスキー・ゴールデンレトリバー・柴犬・秋田犬)などは寒さに強い犬種として知られています。

また、南方の原産である犬種(チワワ・マルチーズ)は暑さに強く寒さには弱いとされています。

シングルコートの犬種

犬の被毛には、シングルコートとダブルコートという2種類があります。

ダブルコートは、太くてかたいオーバーコートと、ふわふわとした綿のようなアンダーコートの二層構造なので、寒い冬は暖かく過ごすことができますが、シングルコートはアンダーコートがわずかしかありません。

そのため、シングルコートの犬種は寒さに弱い傾向にあります。

代表的なシングルコートの犬種は次の通りです。

  • ヨークシャーテリア
  • プードル
  • パピヨン
  • シーズー
  • グレートデン
  • グレーハウンド
  • ボクサー
  • ビーグル

特に毛が短い犬種

以下のような特に毛の短い犬種は必ず寒さ対策が必要です。

  • イタリアン・グレーハウンド
  • ミニチュアピンシャー
  • ウィペット
  • また、この他にも、体温調節の苦手な子犬や、高齢犬療養中の愛犬も寒さには注意が必要です。

    実際の寒さ対策

    室内飼育の場合

    最近では室内飼育が多いとされていますが、実際にはどの様に対策しているのでしょうか?

    暖房器具は、エアコン、ヒーター、ストーブ、ホットカーペット、ペット用ホットカーペット、こたつなど、様々ですが、一番使用率が高いものはエアコンです。

    エアコンの設定温度は、20℃~25℃位が、犬にとっての適温です。

    暖かい空気は上層部にいくので、足元は温度が上がりにくいです。

    サーキュレーターなどで、空気の循環を作りましょう。

    先程もふれましたが、湿度も重要です。冬は乾燥しがちなので、加湿器を使用し、湿度を40~60%に保ちます。

    加湿器がない場合は、乾いていない洗濯物を室内干ししておくと良いでしょう。

    ホットカーペットや、ペット用ホットカーペットは低温やけどのリスクがありますので、使用する時には温度設定に気を付けましょう。

    わが家のヨーキーちゃんは、シングルコートのヨークシャーテリアなので、寒さには弱い傾向です。

    飼い主が在宅の場合はストーブを使用しています。

    ストーブの前でしか寝ないくらい暖かい場所が大好きです。

    時々、ついていないストーブの前に寝て、「早くつけろ~」と目で訴えます。

    しかし、暑すぎると良くないので、フローリングでお腹を冷やせる場所も確保しています。

    あと、14時位の西日が当たるリビングの床もお気に入りです。

    日のあたる場所にずれながら、お昼寝を楽しんでいます。

    留守の時は、特に太陽が差し込むよう、少しカーテンを開けておくと、部屋と床が暖まりますね。

    ストーブやヒーターは、犬が近づきすぎないように注意が必要です。使用時は目を離さないようにしましょう。

    また、愛犬が留守番をする時は、温かグッズを活用してみましょう。

    留守中はエアコンの温度は「自動」に設定し、その他の暖房器具は危険なので使用しないようにしましょう。

    ヨーキーちゃんのお気に入り寝床

    ドーム型のハウスや、サークルベッドの中に毛布を置いて、保温性を高くしたり、喜んで寝床を作るでしょう。

    室外飼育の場合

    犬を外で飼育している場合は、寒い冬の間は犬小屋を日の当たる場所に移しましょう。

    また、温かい空間を作るために、毛布は必需品です。毛布にくるまって寝られるので、常に入れておきましょう。

    特に気温の低い時や、悪天候の時は、一時的にでも玄関や室内に入れてあげるだけでも随分違います。

    状況に合わせて、愛犬が快適に過ごせる場所を作ってあげましょう。

    寒い日のお散歩

    暑い夏のお散歩は、涼しい早朝や夕方以降に行くことが望ましいですが、秋~冬にかけては、日が当たり地面が温まった日中に出かけましょう。

    あまりにも寒く感じている場合は、一枚洋服を着せたりして、体温調節をしましょう。

    特に寒い時期が苦手な小型犬は、運動量は少なくても良いため、散歩時間を短くしたり、嫌がっているようであればその日は行かないという選択肢もあります。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?

    寒い時期の対策として、エアコンは温度設定ができるため、留守中でも使用はできそうですね。

    しかし、温まり過ぎも注意が必要なので、涼める場所も確保してあげましょう。

    寒い時期も対策次第で快適に過ごすことができますね。愛犬にあった対策が見つかると良いですね。

    以上、秋~冬にかけての寒い時期の過ごし方と、またその対策を、ぜひ参考にしてみてください。