犬との生活

ヨークシャーテリアの食事・年齢別の適切な量や与え方を調べてみた

「ヨークシャーテリアの食事量はどのくらい?」体が小さい分、食事量に悩むことがありますよね。

そして、食欲のムラがあると心配ですよね。

今回は、そんなヨークシャーテリアの年齢別の適切な食事量や与え方をご紹介します。

ヨークシャーテリアの性格と食事

ヨークシャーテリアはプライドが高い性格です。また、知能が高く警戒心が強い面もあります。自分の意志も強いため、好き嫌いが多いので食事を拒否することもあります。

また、神経質すぎて食が細い子もいます。逆にストレスが原因で食べすぎてしまう子もいるでしょう。ヨークシャーテリアは小型犬なので運動量は少なくても構いませんが毎日お散歩をすることで、過度な少食や過食を防ぐことができます。

ヨークシャーテリアは食物アレルギー発症率も低いので、丈夫な体を持っています。

飼い主さんが食事量をコントロールする

かつて、野生の犬(オオカミ)はお腹いっぱい食べる習性があったため、餌があればあった分を食べ尽くしていました。

現在は、愛犬は飼い主さんがいるため決まった時間にご飯を食べられるので、食事に困ることはありません。

また、可愛いからといってたくさん食べさせたり、フードを食べないからと、すぐまた違うフードに変えたり、おやつをあげたりと、愛犬がどんどんわがままになってしまいます。

ここは、飼い主さんに食事のコントロールをする責任があります!適切な食事量や与え方をを知っておくと安心ですね。

ちなみに、わが家のヨーキーちゃんは、幼犬の時、お腹がゆるくて困っていた時に『カナガン』に出会いました!

それからというもの、食いつきもよく、毛艶もツヤツヤ、うんちも絶好調!

デンタルケアにも大変お勧めです↓

ヨークシャーテリアの年齢別の食事量

成長期のヨークシャーテリア

成長期のヨークシャーテリアには、子犬用のフードを与えます。生後6ヶ月頃までは、1日量を3回~4回を分けてあげることがポイントです。

まだドライフードが硬いので、お湯でふやかすなど、食べやすいように工夫をします。

6ヶ月以降は、1日2回~3回に移行していくと良いでしょう。

成犬のヨークシャーテリア

成犬のヨークシャーテリアには、成犬用のフードを与えます。体重を管理しながら、痩せ過ぎていないか、肥満気味ではないかと、体を観察しながら与えていきましょう。

もし、肥満気味になってしまったら、獣医師に相談をして、体重管理用のフードに変えるなど、早めの対策を取ります。

高齢犬のヨークシャーテリア

7歳を過ぎた頃から、高齢犬ようのフードに切り替えます。一度に食べられなくなってしまったり、噛むことや消化が難しくなってきたら、1日量を3回~4回に分けて、お湯でふやかしてあげましょう。

わが家のヨーキーちゃんは、生後4ヶ月頃にご飯を食べなくなってしまい、低血糖症で倒れてしまいました。
焦って病院へ連れて行き、ブドウ糖をご飯の前にしばらく飲ませてあげたら、すっかり元気になりました。

それから、どうすれば食べてくれるか考えて、1つの銘柄に絞ってみました。

犬は匂いの強いものを好むので、お湯をかけてフードの匂いを出してみたら、今でもよく食べてくれます。それでも食が進まなかったら、胃に負担がかからない程度の好みのものを、少しだけフードにかけてあげても良いでしょう。

適切な食事量を知ろう

今の食事量が適切かどうかは、体重の定期的な増減の他に、毎日のウンチの様子を見ることで判断できます。

  1. ウンチをティッシュでつかんだ時にペットシーツに跡が残るくらいなら、適量です。
  2. ウンチが柔らかすぎて、つかめなかったり、ペットシーツに残ってしまうくらいなら、与え過ぎです。
  3. コロコロと固まり過ぎるのは、量が足りていないでしょう。

毎日の排泄チェックはとても大切ですね。お散歩と同様、健康管理には欠かせませんね。

おやつの与えすぎに注意

犬にとって必ずしもおやつは必要ではありません。水と栄養をしっかり摂取できていれば、健康上の問題はありません。

しかし、しつけやコミュニケーションのためにツールとして上手に使うこともあるでしょう。

例えば、トイレを適切な場所にできた時や、ゲームの時に探させたりと。

わが家のヨーキーちゃんのおやつは、デンタルケア目的の小さなガムを週に1回程度噛ませたり、トイレの後はフード1粒と決めて、歯にくっついて取れにくく、私たちから見て、甘そうなものは与えないようにしています。

良い匂いの甘そうなおやつは、美味しいと感じることが多いでしょう。フードと比べてしまうと圧倒的におやつの味は喜びます。

おやつに慣れてしまうと、肥満やご飯を食べなくなる原因にもなります。

もし与えるとしたら、目安として、成犬のヨークシャーテリアの1日の摂取カロリーは188~255(kcal/kg)なので、その1割以下のカロリーにおさえましょう。

愛犬の体重をもとに、フードやおやつのパッケージを参考にして、適正量を計算してみましょう。

まとめ

ヨークシャーテリア、それぞれの子で性格は違いますし、食欲も違います。

飼い主さんが愛犬の体調を見ながら適量を探していくことが大切ですね。また、年齢によっても変わってきますので、毎日の健康チェックを心がけましょう。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!