犬との生活

日本犬は6種類しかいない?意外と知らない代表犬種の特徴と性格のまとめ

日本犬と聞くとすかさず思うのは柴犬!

あと…ちょっと考えちゃいますね。

一番身近な日本犬のはずが、意外と知らないことだらけです。

今回は日本犬の6種類の特徴と性格を紹介します。

日本犬とは?

日本犬とはその名の通り、日本原産の純血種です。

日本で生まれた犬たちを「和犬」と言いますが、本来の「日本犬」はなんと6種類しかいません!

日本犬は古くから猟犬や家庭犬として私たち日本人と共に暮らしてきました。

そんな日本犬を保存するため、日本犬6種類は、国の天然記念物にも指定されていて、日本特有のものとして大切に扱われています。

日本犬6犬種

  • 柴犬
  • 紀州犬
  • 四国犬
  • 北海道犬
  • 甲斐犬
  • 秋田犬

現在でも「日本犬保存会」という団体が、日本の純血種の保存に取り組んでいます。

では、日本犬6種類をご紹介します。

日本犬①柴犬(しばいぬ)

  • 分類:小型犬
  • 体重:9~12㎏が平均値
  • 体高:オス39.5㎝・メス36.5㎝

柴犬は古代犬種と呼ばれる古くから続く日本犬の血族で、現存の日本犬の代表である6犬種の中でも最古の種類です。

柴犬の性格と特徴

柴犬は、6種類の中でも一番小さく、オオカミに近い犬種と言われてることから、警戒心が強く攻撃的な一面もあります。

また柴犬は、古くから小動物や鳥などの猟犬としても活躍し、人間とも仲良く共存してきました。

6犬種の中で一番小さい割には、体格は均整がとれていて、筋肉質です。

犬らしく活発なところもあり、飼い主と一緒にお散歩が大好きです。

飼い主に対しては忠実で、自立心に富んでいます。

柴犬は完全に日本犬の代表的なイメージですね。

現在は海外でとても人気のある犬種です。

柴犬の毛色

柴犬の毛色は赤、黒、胡麻(赤毛に混じって黒毛が生えている)、黒胡麻(胡麻の中でも、黒色が強い)、赤胡麻(胡麻の中でも、赤色が強い)、(ごく希に)の6種類です。

柴犬は上毛と下毛が2層になったダブルコートのため、抜け毛が非常に多いです。

皮膚炎などのトラブル予防のために、毎日のブラッシングが必要です。

日本犬②紀州犬(きしゅういぬ)

紀州犬は紀州地方の山岳地帯で、シカやイノシシ猟をしていました。

現在では、家庭犬としての飼育の他、畑や田んぼの作物を荒らす動物を追い払う、「獣害対策犬」としても活躍しています。

  • 分類:中型犬
  • 体重:15~25㎏
  • 体高:オス49~55㎝・メス46~52㎝

紀州犬の性格と特徴

紀州犬は本来、穏やかな性格ですが、昔から猟犬だったこともあり、勇敢で警戒心が強い一面があります。

しかし、飼い主には従順なところもあり、しっかりとリーダーコントロールを用いて、しつけをすれば、頼れる最適な番犬になります。

ただ、しつけを怠ると攻撃性が高い性格になってしまう可能性があるので、十分注意が必要です。

紀州犬の毛色

毛色は主にですが、まれに赤や胡麻もいます。

トリミング犬種ではないので、毛が絡まることはありませんが、毛に付着した汚れやほこりを落とすために、最低でも週に1回のブラッシングをしてあげましょう。

日本犬③四国犬(しこくけん)

「四国犬」は、古くから高知県に生息していた犬種で「土佐犬」と称されてきた日本犬ですが、闘犬の「土佐犬」と混同してしまうことから、「四国犬」に改称されました。

四国山地周辺で、イノシシ猟やシカ猟で活躍していました。

四国犬はニホンオオカミと似ていることから、間違えられることもあるようです。

顔つきも勇敢でかっこいいですね!

  • 分類:中型犬
  • 体重:約15~23㎏
  • 体高:オス49~55㎝・メス46~52㎝

四国犬の性格と特徴

四国犬は猟犬としての性格が残っていて、警戒心が強く飼い主さん以外の人には心を許さず、懐くことはしません。

また、四国犬は頭の良い日本犬で、しつけはしやすいですが、警戒心が強いため、リーダーと認められるには時間がかかるようです。

なので、四国犬の飼育は、しつけ力の豊富な飼い主さんでないと難しいでしょう。

四国犬の毛色

四国犬の毛色は胡麻、赤、黒褐色があり、特に胡麻が多いです。

四国犬は、柔らかい下毛と硬い上毛の2層からなるダブルコートです。

春と秋の換毛期には、週に2~3回のブラッシングを行いましょう。

日本犬④北海道犬(ほっかいどうけん)

北海道犬は古くからアイヌ民族と共に暮らしてきました。

アイヌ民族はヒグマやエゾシカ猟を一緒に行い、良きパートナーとして長年にわたり生活を共にしてきました。

  • 分類:中型犬
  • 体重:20.5~29.5㎏
  • 体高:45.5㎝~51.5㎝

北海道犬の性格と特徴

北海道犬は厳しい寒さにも耐えられるほど忍耐が強く飼い主さんに忠実です。

その反面、狩猟犬としての性格も残っているので、特に知らない人や犬に対しては、吠えたり攻撃的になりやすいです。

北海道犬は携帯電話会社のお父さん犬としても有名ですね!

北海道犬の毛色

北海道犬の毛色は、赤、黒、白、虎、胡麻、黒褐色の6種類です。

北海道犬といえば白いイメージですが6種類もの毛色があるんですね。

極寒にも耐えられる厚みのある被毛です。

アンダーコートは体温調節の役割をするため、春と秋には換毛期があります。

この時期には大量の毛が抜けますので、特にブラッシングは丁寧に行いましょう。

日本犬⑤甲斐犬(かいけん)

甲斐犬は、山梨県南アルプス山岳地でイノシシやカモシカやキジなどの狩猟をしていました。

かつては猟犬として活躍していましたが、だんだん家庭犬として人間と暮らすようになってきました。

そして、現在では「災害救助犬」としても活躍しています。

  • 分類:中型犬
  • 体重:約16~18㎏
  • 体高:48㎝~53㎝

甲斐犬の性格と特徴

甲斐犬の性格は「一代一主」と言われるくらい、決めた飼い主のみに心を開き、一生その飼い主に忠誠を尽くします。

飼い主には、温和で従順な性格です。

とても強いパートナーシップになれそうですね。

甲斐犬は、山岳地帯でシカやイノシシ猟をしていたので、筋肉が発達していて、足腰が強いのも特徴です。

甲斐犬の毛色

甲斐犬は黒虎、赤虎、中虎の3種類の毛色があります。

単色の毛色が時折生まれますが、公認されない団体が多いようです。

毛質はダブルコートの短毛で、被毛のお手入れは楽な方ですが、定期的なブラッシングはスキンシップのためにも行いましょう!

日本犬⑥秋田犬(あきたいぬ)

秋田犬は、日本犬で唯一の大型犬です。

北方のマタギ犬を由来とした秋田マタギ犬が祖先です。

秋田犬はとても有名な「忠犬ハチ公」としても知られていますね。

今や秋田県は、世界中からの注目を集めています。

  • 分類:大型犬
  • 体重:約32~60㎏
  • 体高:オス約67㎝・メス約61㎝

秋田犬の性格と特徴

秋田犬は、忠誠心が強く従順で命令には素直に従い飼い主さんに寄り添う性格です。

しかし、しっかりとしつけをしないと、神経質な性格から、暴れたり噛みついたりと周囲にケガを負わせてしまう可能性があります。

大型犬なので体も大きく力も強いので、子犬の時からしつけをし、人に慣れておくことが良いですね。

秋田犬の毛色

秋田犬の毛色は、赤毛、白毛、虎毛の3種類です。

白毛以外の色は、裏白でなければなりません。

裏白とは、体の下を向いている部分(お腹やあごなど)や手足の先が白いことです。

秋田犬は意外と抜け毛が多いので、できれば毎日ブラッシングを行いましょう。

まとめ

今回は意外と知らない日本犬6種類をまとめてみました。

昔から狩猟をして、人間と生活を共にしてきたので、飼い主さんへの忠誠心が強いのが特徴のようですね。

一方では、警戒心が強く、攻撃的になる恐れがありますので、子犬の時から飼い主さんがリーダーシップをとって、きちんとしつけていくことが大切ですね。