女優

上白石萌音の歌が上手すぎる理由はミュージカル?幼少期の帰国子女の画像あり!

ドラマやCM、声優と引っ張りだこの上白石萌音さんは、歌も上手すぎてその歌声にはパワーと優しさが溢れています。

そんな上白石萌音さんは、どうして歌が上手いのでしょう。

今回は、上白石萌音さんの歌が上手い理由をまとめてみました。

上白石萌音は歌が上手いと話題!澄んだ声が美しい!

上白石萌音さんは朝の情報番組「スッキリ」で映画「トロールズ ミュージック★パワー」の主題歌を披露されました。

朝から上白石萌音さんの澄んだ歌声の美しさに「聞けて良かった」という声があがっています。

上白石萌音さんの声は、柔らかく、その中にも強さが見えるようなそんな不思議な魅力がありますね。

上白石萌音さんの歌声はもちろん、表現力が豊かで、英語の発音までもが聞いていても心地が良いものです。

上白石萌音さんの歌声を聞いて元気チャージされている方も多いようですね。

上白石萌音さんは、演技が長けているだけではなく、多彩なところがまた素敵ですね。

上白石萌音さんは、曲中の英語の発音もネイティブ並みなんですね。

上白石萌音さんの歌声には、「パワーがある」「聞いてしまうと涙が出るから特別な時しか聞けない」「心が浄化される」といった声があがっているほど、聞いている人の心を動かす力をお持ちなのですね。

では、上白石萌音さんは、どうしてこんなにも歌が上手いのでしょうか?

上白石萌音が歌が上手い理由は?幼少期の画像あり

上白石萌音の歌が上手い理由①母親の職業が音楽関係

上白石萌音さんが歌が上手い理由として、母親の職業の影響があるからだということがわかりました。

上白石萌音さんの母親は、元中学校の音楽教師で、現在はピアノの先生をされているようです。

また、上白石萌音さんは、言葉を話すのも早かったようで、2歳の頃から歌が大好きでよく歌っていたそうです。

上白石萌音さんは、母親のお腹にいた時から音楽の溢れる環境だったことでしょう。

そのため上白石萌音さんには、絶対音感が自然に備わっているのでしょう。

上白石萌音の歌が上手い理由②幼少期よりミュージカルやピアノを習っていた

上白石萌音さんは幼少期から音楽に親しんでいることで、3歳からピアノを始めていました。

しかし、上白石萌音さんは体を動かすことが好きで、小学校1年生の時に一旦ピアノはやめてしまいましたが、中学校から再びピアノを始められたようです。

上白石萌音さんは、ピアノをやめた頃の小学校1年生から、クラシックバレエとミュージカルを習っていました。

ミュージカル『赤毛のアン』の主人公を演じた上白石萌音(左)

上白石萌音さんは、2015年公演のミュージカル『赤毛のアン』では主役の『アン・シャーリー』役を演じました。

上白石萌音さんは、ご自身が小さい時から『赤毛のアン』の話が大好きで憧れの舞台に立てたことを「夢のような気持ち」と語られています。

上白石萌音さんは、本格的に歌を習っていたことで、憧れの舞台に立つことができて、今の美しい歌声と表現力を開花させたのですね。

上白石萌音さんは、音楽の基礎を幼少期に全て身につけられたのでしょう。

上白石萌音の歌が上手い理由③帰国子女だった

上白石萌音さんは、父親の仕事(元日本語教師)の関係で、小学校3年生から5年生までの2年間メキシコに住んでいました。

メキシコといえば、音楽が盛んな国で、明るくいつも歌や踊りを楽しむイメージでもありますね。

上白石萌音さんは、メキシコで暮らしていたことから、多様な音楽を聴き自分自身を表現することにも、大きな影響を与えたことでしょう。

上白石萌音さんは、言語習得も早いことから、英語やスペイン語も堪能なのです。

上白石萌音の歌が上手い理由④名前に「音」をつける両親の教育背景

上白石萌音さんは、名前に「」、妹さんの上白石萌歌さんは「」という文字が入っています。

上白石萌歌さん・上白石萌音さんInstagramより

上白石萌音さんのご両親は、上白石萌音さんのお名前に「音が芽吹くように」「音楽を好きになってほしい」という願いを込めてつけられたそうです。素敵ですね。

まさに、ご両親の願い通り、上白石萌音さんは歌うことや音楽を表現することが大好きな女優さんになられていますね。

上白石萌音さんの歌声に多くの方が癒され、元気をもらっています。

今後も上白石萌音さんのご活躍を楽しみにしています。