犬との生活

初心者でも飼いやすい犬の特徴と種類5選!室内でもOK!

「犬と暮らしてみたい」と思っても飼育経験がないと一歩踏み出すのには、少々不安ですよね。

「どんな犬が自分に合っているのか?」と、わからないことも多いでしょう。

今回は、初心者でも飼いやすい犬の特徴と犬種5選をご紹介します。

初心者向きの犬の特徴

はじめに、初心者でも飼いやすい犬の特徴です。

運動量が少ない

運動量が多いと、飼育スペースと毎日の散歩の時間の確保も必要です。

大型犬の散歩は、毎日1時間以上必要になるため、小型犬よりも時間を要します。

しつけがしやすい

賢く利口で人の言うことをよく聞けることもポイントです。

大型犬でもしつけやすい犬種はいますが、体が大きく力も強いので、事故が起きないように専門の訓練に通うなど、より厳重なしつけが求められます。

無駄吠えが少ない

犬種にもよりますが、警戒心の強い犬は無駄吠えが多いことがあります。全くなくすことは難しいですが、根気強くしつける必要があります。

集合住宅にお住まいの方は、穏やかな性格の犬種がオススメですね。

抜け毛が少なく、お手入れがしやすい

春と秋になると「換毛期」という、抜け毛の時期があります。犬種にもよって、抜け毛の量にバラつきがあります。

抜け毛の少ない犬種は、部屋の掃除や衣服の付着を気にせず、余裕を持って愛犬と生活ができるでしょう。

また、全身が長い毛で覆われているロングコートの犬種や、真っ白な体の犬種は、美しい被毛を保つためのお手入れが必要です。

シャンプーやトリミングは子犬の時から慣れておくと良いですね。

病気にかかりにくい

毛色の掛け合わせによっては、体の弱いケースがあります。相応の知識が必要になるため、初めて犬を飼う方には負担になってしまいます。

できる限り、健康状態が良く、遺伝子疾患の少ないことがわかると良いですね。

飼いやすい犬の種類5選

次は実際に飼いやすい犬の種類5選です。

トイプードル

トイプードールは大変聡明で、人懐っこく友好的な性格ですので、しつけがしやすく家庭犬として毎年絶大な人気の犬種です。

くるくるカールの愛らしい被毛は、毎日のブラッシングは欠かせませんが、抜け毛も体臭も少ないので、部屋の掃除も楽なことも人気の理由の1つですね。

小型犬の中でも運動能力に優れているので、野外で遊んだり、一緒に散歩を楽しみたい方にもオススメです。

トイプードルの被毛は基本的には単色です。異なる毛色が混じるミックスカラーの子犬は身体が弱くなる傾向にあります。

飼育初心者のうちは避けたほうが無難ですね。

シーズー

シーズーは、丸い黒目と上品な被毛が魅力的です。

小型犬の中でも、性格は穏やかで飼い主に従順なことから飼いやすい犬種とされています。

落ち着いた性格で無駄吠えが少ないので、集合住宅にお住まいの方でも安心ですね。

運動量も少ないので、忙しい方でも飼育がしやすいでしょう。

被毛は豊かなダブルコートで換毛期もありますが、抜け毛は少ないです。美しい長毛を活かしリボンを着けたり。夏はカットして涼しげになどと、おしゃれを楽しめそうですね。

パピヨン

パピヨンは、優雅な姿で、大きく広がった耳はフランス語で「蝶」という意味を持ちます。

性格は明るく活発で遊び好きですので、子どもとの遊び相手としても最適です。とても賢く順応性が高いのでしつけもしやすいです。

運動能力も高いので、ドックスポーツや訓練協議会にも向いている犬種です。

被毛は、長いコートに覆われた毛質なので、スキンシップも兼ねて、週に2~3回のブラッシングを行いましょう。

ヨークシャーテリア

「動く宝石」、「ヨーキー」の愛称で親しまれるヨークシャーテリア。絹のようなすべすべした被毛が特徴的な小型犬です。

性格は賢く聡明で、落ち着きがある犬種とされています。大変勇敢で自己主張もする「テリア気質」です。

運動好きで活発ですが、サイズが小さいので、室内でも運動スペースが確保できれば、散歩は短時間でも十分です。

被毛は抜け毛の少ないシングルコートですが、細い毛で絡まりやすいので、毎日のブラッシングは必要です。

ちなみに家のヨーキーちゃんはクシを持つだけで膝に乗ってきます。ブラッシングは大切なスキンシップの時間なのです。

キャバリア

キャバリアは人に懐き、おおらかで家庭犬としては理想的な気質です。

大きな目と垂れた耳、ウェーブがかった被毛の可愛い見た目も人気の理由ですね。

初対面の人や犬にも友好的に接する事ができます。

従順で遊ぶことが大好きなので、室内での遊びや散歩でスキンシップを取って信頼関係を築いていきましょう。

まとめ

今回は初心者でも飼いやすい犬の特徴をご紹介しました。

飼育初心者や室内飼いにおすすめな犬種は、飼育スペースや運動量から小型犬が飼いやすいようですね。

家の中では、引っ張り合いっこやボールで遊んだり、外では家の近くでも毎日散歩をすることでストレス解消にもなります。

ご自身にピッタリの愛犬と出会えることは楽しみですね!

ぜひ、参考にしてみてください。