ドラマ

危険なビーナスがつまらないと酷評される理由5つ!原作との違いに違和感?

日曜劇場のドラマ『危険なビーナス』は妻夫木聡さんと吉高由里子さんが出演し、話題になっています。

豪華キャストの出演で、しかも東野圭吾さんの原作ドラマですが「面白くない」「つまらない」という意見があがっています。

今回は、ドラマ『危険なビーナス』がつまらないという理由をまとめてみました。

ドラマ『危険なビーナス』がつまらないと酷評も

日曜劇場のドラマ『危険なビーナス』は、豪華キャストの出演やミステリアスな音楽とともに引き込まれていくようなワクワク感で期待していましたが「つまらない」や「面白くない」という意見が多いようです。

日曜劇場の枠に期待を寄せている方は多いはずですよね。

『危険なビーナス』は東野圭吾さんが原作なこともあり、どのタイミングで面白くなるか、急展開がくるのか、楽しみにしている割になかなかドキドキ部分の核心がこないようにも感じますよね。

原作本を読んでからドラマを観る方は多いですが、ドラマでストーリー仕立てにしてあると、わかりやすく内容が入ってくるようにも思います。

それでも拍子抜けするくらいつまらないという酷評もあります。

ドラマ『危険なビーナス』がつまらない理由は?

ドラマ『危険なビーナス』がつまらない理由①期待値が高すぎた

ドラマ『危険なビーナス』は、放送前からの期待値がとても高かったように思います。

まず、『半沢直樹』や『テセウスの船』が放送されていた日曜劇場という枠であることで、面白いであろうこと前提で期待されていました。

特に『半沢直樹』は最終回視聴率が44.1%とあっただけに、引き続き観ている方も多いはずです。

ちなみに、『危険なビーナス』の第1話の視聴率は22.0%で、回を重ねることに右肩下がりで第9話は8.7%となっています。

そして、16年ぶりにTBSドラマに出演する妻夫木聡さん、ディーンフジオカさんや、吉高由里子さんなど豪華キャストの出演に期待値と話題性はかなり高かったように思います。

実際に放送が始まったら、期待と内容に違いがあったのかもしれませんね。

ドラマ『危険なビーナス』はつまらない理由②原作と違う

『危険なビーナス』がつまらない理由として原作が違うということがあげられます。

これはどの作品でも言われることですが、ある程度仕方のないことと思います。原作は自分の想像で読みますし、実際の想像とキャストが違う!ってことも思いますよね。

『危険なビーナス』は2016年東野圭吾さんのミステリー小説が原作のドラマです。

登場人物や人物相関図はほとんど同じですが、第2話以降がドラマのオリジナルストーリーになっていて、第1話でまいた種が回収されないまま、話が進むので、視聴者としては、一体何の謎解きをしているのか忘れてしまうほど次々に、矢神家の人が失踪したり、矢神楓が突き落とされたりと珍事件が起きます。

 この珍事件が、

  • 染谷将太演じる明人の失踪に誰が直接関わっているのか?
  • 矢神楓の正体は?
  • 遺産はどうなる?

という核心に回り道が多くて、ちょっとまどろっこしい内容が加わっているように思います。

ドラマの結末が原作と違うかも?ということもあるのでしょうか…

第1話で散りばめた伏線は全て回収されるのかに期待が高まりますね!

ドラマ『危険なビーナス』がつまらない理由③複雑すぎる人間関係に混乱

『危険なビーナス』第1話を観て、複雑な人間関係に離脱した方も多かったようです。

個人的にも「この人は誰の養子で、誰と誰が不倫してて…」と頭を整理しても人間関係が一発で繋がりにくいな~と思っていました。

家系図を見ながら、しかも人物相関図には20人もいて、この複雑さの必要性があるのかとも思ってしまいました…

矢神家の再婚や養子・養女の関係性を確認しながら観るので内容が入ってこなくなってしまうのかもしれませんね。

ただ、話が進むにつれて、一人一人にフォーカスしていくストーリーなので覚えてくると思いますよ。

ドラマ『危険なビーナス』がつまらない理由④主人公の薄っぺらい妄想シーン

『危険なビーナス』毎回のお約束シーン…妻夫木聡さん演じる伯朗の妄想シーンです。

ここが楽しい!という声もあるようですが…

少し真面目なストーリーに、力が抜けるようなスパイス的要素で取り入れているのか、30代後半の男性の妄想シーンにしては薄っぺらい気がしますね。

例えば伯朗の妄想シーンは、

  • 吉高由里子さんや中村アンさんなどの美女と抱き合う
  • 伯朗がわき腹を刺されたり、銃口を向けられるなどの危機的場面

つまらないギャグなのかもしれませんが、危機的場面が次回の予告編にも使われたこともあり、またも期待させて実際は伯朗の妄想シーン…ということに反発もあったようです。

ドラマ『危険なビーナス』がつまらない理由⑤セリフが不自然

『危険なビーナス』の吉高由里子さん演じる矢神楓のセリフである『お義兄様!』がやけに耳に残りますよね。

吉高由里子の楓はキャピキャピしていて少し原作のミステリアスなイメージとは違うという声もありますが、魔性感は伝わりますが、伯朗に対しての矢神楓のセリフが不自然に感じるのでしょう。

矢神楓のセリフもですが、ドラマの内容が前進しそうでなかなかしない感にもイライラを募らせているのではないでしょうか。

ドラマ『危険なビーナス』は面白い!

『危険なビーナス』は原作と違くて面白い!と引き込まれている方も多くいらっしゃいます。

『危険なビーナス』は面白くないという意見が多い中、惹きつけられるような、なんか気になる気持ちになってしまい結局毎週楽しみにしている自分もいます。

ドラマの序盤はなかなか話が進まないように感じましたが、中盤からの加速度と裏切り?など読めない展開がきそうですよね!

最終回まで先が読めない展開にワクワクしますね!

『危険なビーナス』は話題性もあり様々な意見があるとは思いますが、豪華俳優陣と緻密なストーリーで見ごたえあるドラマだと思います。

『危険なビーナス』からまだまだ目が離せませんね!