異物混入炎上

くら寿司スープ袋混入店舗は道頓堀店「謎の黒い物体も発見」炎上動画

くら寿司スープ袋店舗 異物混入炎上

2022年12月19日J-CASTニュースで、くら寿司のラーメンの中にスープの袋が混入されていた動画がTwitterで拡散されました。

くら寿司異物混入の店舗はどこなのでしょうか。

またツイ主さん(被害者)が動画拡散したことで批判されています。

佐世保灯油ポンプいじめは広田中!

油利潤一Twitter特定!

悠仁さま成績赤点はデマ

くら寿司スープ袋混入店舗は「道頓堀店」炎上動画

12月17日に、くら寿司で提供されたラーメンのスープの中に袋のスープが混入されていたことがTwitterで拡散されました。

ちなみにこちらの投稿は、元のツイ主さんではありませんのでご注意ください。

くら寿司道頓堀店 スープの中からスープ出てきたってwww #くら寿司

こちらの投稿の情報が正しければ、くら寿司のスープ袋混入店舗は「道頓堀店」ということになります。

J-CASTニュースによると、運営会社のくら寿司は取材に対して事実確認を進めていると回答しています。

そして、元のツイ主さんは12月17日に家族と食事をした際に、スープの袋の混入に気が付いていましたが、別の注文のミスで店員を呼んだばかりだったため、従業員に伝えずに店を出て、Twitterに動画を投稿しました。

くら寿司スープ袋混入店舗は道頓堀店「謎の黒い物体発見」

インフルエンサーの滝沢ガレソさんも、くら寿司ラーメンのスープ袋について投稿していました。

【悲報】くら寿司さん、スープの中にスープを入れてしまう @道頓堀店
滝沢ガレソさんの投稿に対して、スープの袋の他にも黒い物体を発見した画像がありました。
kurazushisuputenpo
謎の黒い物体…
見ようによっては、虫などの異物にも見えますが、スープ袋が入っていた商品は「鶏塩パイタンらーめん」なのでスパイスや出汁だとも考えられます。
また、Twitterでは、くら寿司道頓堀店では他の異物混入もあったとツイートされていました。
kurazushisuputenpo
道頓堀のくら寿司行った時、ガリの入れ物の中に髪の毛入っててそれ以降行ってないですね…
飲食店あるあるのようで、寛大な声もありますが、管理人は金たわしの破片がラーメンに入っていたことがあり喉を傷めたことがありますので、異物混入には敏感です。
異物混入くらいイイじゃん的な考えもあるかもしれませんが、飲食店である以上は、最低限気をつけなければいけないことではないでしょうか。

ガストポテトにゴキブリ混入!

くら寿司スープ袋混入「ツイ主はバズり狙いの確信犯」批判殺到

先述しましたが、元のツイ主さんは、別の注文に関するミスで店員を呼んだので「わざわざまた呼んでクレーム出すのもな…」と感じ店を出た後にTwitterに動画を拡散しています。

今回の炎上は、くら寿司のラーメンにスープの袋が入っていたこと以上に、店にいながら従業員にその場でクレームを入れずに、店を出てからわざわざSNSで動画を晒したことが炎上しています。

くら寿司のラーメンに「スープ袋」混入か 丼の中からビニールが…動画拡散に本社「事実確認中」(J-CASTニュース)  間違いは誰にだってある。間違いを見つけて安易に投稿する風潮は非常によろしくないと思う。
kurasushisuputenpo
これくら寿司の店舗におけるミスなので店舗で直接クレームを入れるべき内容です。 人は誰だってミスはしますし、そのミスに対して謝罪することも必要です。 ただ、この人は店には伝えずにSNSで投稿したとのこと、責任ある店に伝えないと改善の機会が得られません。 つまり、SNSでバズらせようという悪意しか感じません。
元のツイ主さん(被害者)は、くら寿司道頓堀店にいながら、その場で動画を撮り従業員に告げすに、後になってTwitterに投稿してしまったことに闇を感じてしまいます。
その場でスタッフに言えば、調理担当や責任者と話し、謝罪や真実がわかっただろうに…
そして、元ツイは逃げるようにアカウントを削除しています。
kurazushisupu tenpo
同じこと思いましたわ。ユーザーは載せるだけ載せて批判されたからアカウント消して逃げましたね。拡散はされ続ける
思った以上に、ツイートしたことに対して強い批判を受けてしまい、削除したと考えられます。
ただ、ツイ主さんが自作自演したのではないかとか、バズるための確信犯ではないかと言われてしまっているので、やはり店舗内で問題を解決した方がよかったです。
くら寿司のラーメンからビニール袋が出たが それを何故直接店に言わずわざわざツイッターで流すんか しかもそれ自演やろww と店に直接言わん時点で めっさ自演臭いww

阿部望さん行方不明情報

Manly times

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました