歌手

LiSAが嫌いといわれる理由は?高音や歌い方が気になる?紅蓮華にうんざりの声も

「紅蓮華」や「炎」で大ヒットを飛ばしている、歌手のLiSAさんは熱い高音ボイスで聞く人を魅了されています。

しかし、最近ではその「高音が気になる」や「紅蓮華が聞き飽きてLiSA自体が嫌いになっている」などの声があがっています。

今回は、LiSAさんが嫌いといわれる理由をまとめてみました。

LiSAが嫌いといわれる理由①高音や歌い方が気になる?

LiSAさんは唯一無二と言われるくらい、独特な歌声と澄んだ声質で魅了されていますが、高音がゆえに「うるさい」や「耳障り」という意見もあります。

個人的には、LiSAさんの魂がこもった歌い方や声は非常に感動しますが、聞き手によって感じ方も様々ですよね…

LiSAさんの、パワフル歌い方や声が、キンキンするという方もいらっしゃいますね。

LiSAさんの高音が耳障りということですが「紅蓮華」や「炎」を耳にする機会が多いからかもしれませんね。

LiSAさんの歌声は、声量もあるので時に「うるさい」「耳障り」と言われてしまうのかもしれませんね。

LiSAが嫌いといわれる理由②紅蓮華が飽きてうんざりしてる?

「鬼滅の刃」の人気で2019年から、どこもかしこもLiSAさんの歌う「紅蓮華」が流れていますね。

ファンにとっては嬉しい限りのはずですが…

 これはLiSAさんが嫌いなのではなく「単に聞き飽きたてうんざりしている」という声が多いようです。

「紅蓮華」が聞き飽きた=LiSAさんの歌が嫌いになった

という図式になるのは、どうかと思いますけどね。

LiSAさんが悪いのではなく、どこでも曲が流れていることにうんざりしているんですね。

確かに人気のある曲や話題曲が、世の中には流れていますので、あまりにも聞きすぎると「お腹いっぱい状態」ですよね。

「紅蓮華」自体のことも嫌いではなく、LiSAさんのことも嫌いじゃない!

ただ聞き過ぎただけなんですよね。

LiSAさんの曲はもっといい曲たくさんあるんだから、他の曲も広めるべきという意見もあります。

いずれにしても、「紅蓮華」を乱用する世間やメディアのゴリ押しがうっとおしく感じて、嫌悪感を抱いている声が続出しているのでしょう。

LiSAさんの曲はたくさんいい曲あります。

ちなみに、LiSAさんの「一番の宝物」も良い曲ですね~。

一番の宝物」のようなしっとりとした曲も歌詞も、LiSAさんの歌声が心に刺さりますね。

LiSAが嫌いといわれる理由③鬼滅の刃の代名詞になってしまった?

鬼滅の刃」はテレビ・漫画・映画と大ヒットを飛ばしていますが、LiSAさんの魅力的な歌声のオープニングソングやエンディングソングも鬼滅の刃がヒットした要因の一つにもなっています。

LiSAさんの曲のインパクトが強くて、LiSA=鬼滅の刃っていうように思われがちなんですね。

鬼滅の刃が話題になる前からのLiSAさんファンが、鬼滅の刃と結び付けられることも不愉快になる要因なのかもしれませんね。

鬼滅のアイコンのようになっているのが嫌だ

LiSA好き=鬼滅好きと思われてしまう

LiSAさんを知らなかった人は鬼滅の刃を見て知ったという人が多いので、どうしてもLiSAさんと鬼滅の刃がセットとして結び付いてしまうことが嫌なのですね。

鬼滅の刃とLiSAさんは相乗効果もあり、一躍大人気になりましたが、社会現象が行き過ぎて、嫌悪感に変わってしまったのでしょう。

むしろ、鬼滅の刃もLiSAさんも悪くないんですよね…

LiSAさんのこと昔は好きだったのに、有名になりすぎてしまい遠い存在になってしまったという感覚もあるかもしれませんね。

幅広い世代での異例の大ヒットで、アンチも飛躍的に多くなってしまったのでしょう。

LiSAはめちゃくちゃ魅力的!

これまで、LiSAさんが嫌いといわれる理由をまとめましたが、断然LiSAさんの歌声や、LiSAさん自体に魅力を感じている方がとっても多いのです!

LiSAさんは、歌っている姿も衣装も「かっこいい」という言葉が似合いますよね!

LiSAさんの気持ち良い高音と、ささやくような歌声は心地よいですね。

LiSAさんの「炎」は「紅蓮華」とはまた違う曲調でいいですよね~。

LiSAさんや鬼滅の刃の人気がありすぎて「アンチ」や「聞き飽きた」との声が多くなっていますが、それ以上にLiSAさん大好きファンがたくさんいらっしゃいます。

今後もLiSAさんの活動に注目ですね!

LiSAが痩せて頬がこけた!激やせの理由は鬼滅の刃?画像比較ありアニソン界の女王と呼ばれるLiSAさんは、歌番組でも引っ張りだこですね。 そんなLiSAさんですが、最近「痩せた」とSNSで心配の...