帯広市教師死体遺棄事件

宮田麻子高校は美幌高校「美魔女で有名な英語教師」片桐朱璃との怪しい関係

宮田麻子高校帯広市教師死体遺棄事件

2022年6月2日、帯広農業高校の教師、片桐朱璃容疑者(35)は死体遺棄の容疑で逮捕されました。北海道帯広市の「帯広の森」に遺棄された身元は、北見市在住で現在は北見緑陵高校勤務の「美魔女で有名な英語教師」宮田麻子さん(47)とわかりました。宮田麻子先生の現在勤務先は美幌高校ですが、片桐朱容疑者との怪しい関係の噂は美幌高校であったという生徒の証言がありました。

中峯竜晟は明治大学「金髪美女と佐藤凛果との同棲生活」

石井武秀を自殺に追い込んだ国語教師特定!

佐藤凛果卒アル画像「美人ハニトラ要員」

宮田麻子先生高校は美幌高校「片桐朱璃との怪しい関係」

宮田麻子先生は2016年4月に訓子府(くんねっぷ)高校から美幌高校に赴任し、担当教科は外国語(英語教師)、1年生の副担任で美術部の顧問をしていました。

宮田麻子高校
訓子府高校から赴任しました。宮田麻子と申します。一日も早く学校や地域に慣れ、少しでも生徒の皆さんの力になれればと思っております。微力ですが、生徒と共に成長できるよう努力していきます。どうぞよろしくお願い致します。

また、片桐朱璃容疑者と宮田麻子先生は、美幌高校の学校内で仲が良かったという生徒からの情報があります。

宮田麻子高校
「仲が良くて遊んだりしていた。学校の中ではそうでもなかったけど」

要は校内では距離をとってたけど付き合ってたのは知ってた、って生徒は言ってるんだね。
周囲にバレバレでその挙句、別れる別れないで揉めたのだろうか?
両家の家族が可哀そうすぎる。

生徒からしたら、片桐朱璃容疑者と宮田麻子先生の不倫関係は暗黙の了解で公然の秘密だったのです。

宮田麻子高校

一方、片桐朱璃容疑者も同じく美幌高校から、北海道帯広農業高校へ異動になっています。

宮田麻子高校
引用:北海道教育委員会・公立高等学校人事異動

片桐朱里璃容疑者と宮田麻子先生は同じ大学出身という噂もありますが、年齢が12歳違うので、仮に大学が同じでも在学期間はかぶりません。2人の共通点があるとすれば、前任校の美幌高校での接点と考えることが自然です。

片桐先生と宮田麻子先生は、普段は普通な感じだけど帰りに一緒にいたり、2人で歩いてるとこ見たことある、生徒はみんな知ってたよ(匿名掲示板の証言)

また宮田麻子先生と片桐朱璃容疑者は、休日に会う仲ということから、男女の親しい関係であるとも推測できます。しかし、生徒は2人の仲に気を遣っていたことを考えると生徒の気持ちを少しも考えていない残念な教師です。

また生徒が片桐朱璃容疑者と宮田麻子先生の親密な関係を知っていたということは、他の教員や学校、保護者にも不倫を疑われていた、もしくは不倫関係がバレたことから、同じ2022年3月にそれぞれ他の高校に異動になったのでしょう。宮田麻子先生と片桐朱璃容疑者が同じタイミングで移動になることは怪しいです。

主犯格は松江大樹(だいき)Twitterで特定!

石井武秀を自殺に追い込んだ国語教師特定!

佐藤凛果卒アル画像「美人ハニトラ要員」

宮田麻子さん高校は北見緑陵「美魔女の英語教師」

宮田麻子先生は、2022年3月まで片桐朱璃容疑者と同じオホーツクの美幌町の美幌高校に勤務していました。こちらは片桐朱璃容疑者と宮田麻子先生の顔画像です。

宮田麻子先生顔画像

片桐朱璃容疑者と宮田麻子先生は現在は別の高校ですが、先述したように2022年3月までは美幌高校の同僚の関係でした。

宮田麻子先生は、2022年4月、美幌高校から北海道北見緑陵高校に異動しています。

宮田麻子高校
引用:北海道教育委員会・公立高等学校人事異動

宮田麻子先生の勤務する北見緑陵高校は、北見市大正に昭和58年に開校し今年で開校40周年という記念の年に当たります。また約9割の生徒が活気ある部活動をしていて、昨年度は多くの部が全国大会に出場するような高校です。

そんな、北見緑陵高校に赴任したばかりの宮田麻子先生は、ロングヘアでとてもキレイな顔立ちで、とても47歳には見えません。美魔女の英語教師ということで生徒からの人気も高かったのでしょう。

この投稿は、宮田麻子先生の元教え子かと思われる方の投稿です。

宮田麻子高校
麻子先生キレイでセクシー要素多かったから、特に男子は好きだったの覚えてる。#宮田麻子先生

宮田麻子先生は北海道北見緑陵高校に異動で赴任してまだ2ヶ月くらいです。生徒達からしたら、宮田麻子先生が急にいなくなり、亡くなられて遺棄されていたという事実はショックでしかありません。

宮田麻子大学「酪農学園大学ではない」

宮田麻子先生と片桐朱璃容疑者は、一部生徒の情報によると「同じ大学」という情報があります。

片桐朱璃容疑者の大学を調査すると「酪農学園大学」であることがわかりました。「酪農ジャーナル2010年1月号」に片桐朱璃容疑者の名前がありました。

宮田麻子大学
宮田麻子大学
【カラーグラビア】
どこまでも続く青空と大地、草地がはぐくんだ伝統のチーズ作り-中国・内蒙古の酪農事情-
市川 治・發地喜久治・大場裕子・片桐朱璃

酪農学園大学には、「農職環境学郡」と「獣医学郡」があり宮田麻子先生の担当教科である英語や外国語関係の学部はありません。

宮田麻子先生は酪農学園大学ではなく、北海道内の英語関係の学部があり、英語の教員免許が取得できる大学は、

  • 札幌学院大学
  • 函館大学
  • 北星学園大学
  • 小樽商科大学
  • 北海道教育大学
  • 北海道大学
  • 札幌大学
  • 藤女子大学
  • 北海道学園大学
  • 北海道文教大学

など10校が確認できます。宮田麻子先生が北海道内から出ないで大学に通っていたとしたら、以上10校の中の大学を卒業し教員免許を取得していると考えられます。

このことから、片桐朱璃容疑者の酪農学園大学と宮田麻子先生の卒業した大学は異なることがわかりますので、片桐朱璃容疑者と宮田麻子先生は、美幌高校で出会って親密になったと推測できます。

宮田麻子さんの夫「片桐朱璃との不倫関係を知っていた」

宮田麻子さんは、2022年5月29日の午前に夫や家族に「釧路へ行く」と言って車で外出しています。しかし、実際には帯広で行われていた片桐朱璃容疑者が顧問を務める野球部の練習試合を観に行っていたことが判明しています。

宮田麻子高校

「美幌高校のときは野球部のコーチでしたよ、不倫関係だったみたいですね、殺〇された女性とは」

「ウワァオ…。面識あるとなるとすごく悲しいですね…。」

「悲しいです、連合解散した後も公式戦とかで塁審やりながら調子どう?肘良くなった?とか結構色いろいろ聞いてくれる先生だったので残念すぎて」

このようなツイートから、宮田麻子先生と片桐朱璃容疑者は不倫関係だったと考えることが自然でしょう。

そして5月30日の夜以降、宮田麻子さんの夫は宮田麻子さんとラインで連絡が取れなくなったことから「妻が帰ってこない」と警察に相談しています。

宮田麻子高校

宮田麻子さんは釧路に行くと言って、本当は片桐朱璃容疑者に会いに帯広に向かっています。夫に行先を嘘ついてまで、片桐朱璃容疑者に会いに行ったことになります。

5月31日、夫への聞き取りから片桐朱璃容疑者の名前が浮上していることから、妻の宮田麻子さんと片桐朱璃容疑者の関係を怪しいと思っていたか、そもそも不倫関係を知っていたということになります。

宮田麻子さんが帯広まで片桐朱璃容疑者にわざわざ会いに行ったのは、単に会いたかったからとも考えられますが、何らかのトラブルがあり殺害されてしまいました。

宮田麻子さんは夫とよりを戻したいと考え、片桐朱璃容疑者に会いに行き別れを告げ、別れを認めたくない片桐朱璃容疑者が宮田麻子さんを説得できずに、殺害し遺棄したと推測します。

宮田麻子さん帯広市死体遺棄事件概要

  • 2022年5月29日午前:宮田麻子さんは家族に「釧路に行く」と伝え車で外出
  • 5月30日:以降連絡が付かなくなった宮田麻子さんの夫が警察に相談
  • 5月31日:片桐朱璃容疑者に事情を聴いたら関与を否定
  • 6月1日:片桐しゅり容疑者は宮田麻子さんの死体遺棄を認める
  • 片桐朱璃容疑者は「穴を掘って遺体を埋めた」「遺体は車で運んだ」と供述(帯広の森)
  • 6月3日:遺体は宮田麻子さんであると確認。死因は窒息死

<追記>

片桐朱璃容疑者は交際に疲れて別れ話でもめて、シートベルトで宮田麻子さんを殺害したと供述しています。

主犯格は松江大樹(だいき)Twitterで特定!

石井武秀を自殺に追い込んだ国語教師特定!

佐藤凛果卒アル画像「美人ハニトラ要員」

コメント

タイトルとURLをコピーしました