読売テレビプロデューサー

読売テレビプロデューサーA氏は中山喬詞「元カノも酷い仕打ちで精神疾患」

中山喬詞読売テレビプロデューサー

読売テレビ「極主夫道」のプロデューサーA氏の私生活で女性トラブルがあたことを「Smart FLASH」が報じました。A氏は30代で人気番組のプロデューサー中山喬詞さんだという情報があります。調べてみると元カノも酷い仕打ちで精神疾患に陥っていることがわかりました。「極主夫道」のプロデューサーA氏中山喬詞さんの顔画像やフェイスブック、経歴や女性トラブルについて調査しました。

阿部光浩の妻「14歳で妊娠」

小倉直樹はデマ!「工作員にハメられた」

読売テレビ極主夫道プロデューサーA氏は中山喬詞さんで特定

漫画ドラマでも大ヒットした「極主夫道」は映画「極主夫道ザ・シネマ」でも話題になっていますが、読売テレビプロデューサーA氏の女性トラブルが報じられました。

「極主夫道」プロデューサーに男女トラブル?恋人が妊娠発覚で音信不通か

「Smart FLASH」の報道ではプロデューサーA氏の実名は掲載されていませんがA氏とは、

  • 人気漫画「極主夫道」のドラマ版で、原作にない「夫婦に子供がいる」という設定を追加してファンの間で賛否を呼んだ
  • 読売テレビプロデューサーで30代のA氏
  • ドラマ「探偵が早すぎる」で初めてプロデュースを担当
  • 永瀬廉さん主演のドラマも手掛ける読売の若手エース

という特徴が掲載されていました。

「極主夫道」公式ホームページより検索すると、プロデューサーに中山喬詞さんの名前がありました。

極主夫道中山喬詞

またツイッターではオリジナルキャラクターの娘を追加して炎上した投稿を発見しました。

ああ… 中山喬詞氏は、極主夫道が面白くて笑える部分を、龍のあの見た目とヤクザ口調にしかないと思ってらっしゃるってことですかね… ちがうぞーそうじゃないぞーーー ドラマ「極主夫道」に龍の娘・向日葵が登場、原作にないオリジナルキャラクター(コメントあり)
そして「探偵が早すぎる」のプロデューサーも中山喬詞さんだということが判明しました。
 
読売テレビのプロデューサー中山喬詞さんへのインタビュー。メイン脚本の宇田学さんの話もあり。【Link】『探偵が早すぎる』企画成立に必要だった要素 “事件が起きない”ドラマへの挑戦
ドラマ「極主夫道」のプロデューサーを務めた中山喬詞さんは、オリジナルの設定として娘を登場させることが「1つ大きな挑戦」だったとコメントしたことに対して「作品をドブに捨てる事を挑戦とは言わんぞ」「クソ無能」などの意見でSNSでは炎上しました。
このような情報から、読売テレビのプロデューサーA氏は中山喬詞さんだとわかります。

極主夫道プロデューサー中山喬詞さん顔画像

では、中山喬詞さんとはどのような方なのでしょうか。こちらが中山喬詞さんの顔画像です。

中山喬詞顔画像
引用:oricon news

中山喬詞さんは、半ぞ出の七分袖のおしゃれジャケットからチラ見せする青い袖が、いかにもプロデューサーを醸し出す雰囲気です。適度に伸ばしたヒゲが業界人ぽいです。

読売テレビのプロデューサーで30代前半の年齢で、若きホープと言われるくらいなので、頭もキレる仕事が出来る系だと推測できます。

ちなみに、読売テレビのプロデューサーの年収を「JobQ」より調べてみると、30代で年収1,000万円、40代では1,500万円ということだったので、中山喬詞さんの年収は1,200~1,300万円くらいあるのでしょう。

中山喬詞さんほどの見た目と、職種や年収から女性にはかなりモテるスペックを持っているので、女性には困らなかった様子です。

報道によると、中山喬詞と結婚を約束し交際していた女性B子さんは、妊娠がわかると態度を豹変させて話し合いに応じなくなり、音信不通になり、また連絡をしてくるという煮え切らない身勝手な態度をとっています。

一見、優しそうな中山喬詞さんですが、モテるからといって女性を振り回す酷い一面もあります。

阿部光浩の妻「14歳で妊娠」

小倉直樹はデマ!「工作員にハメられた」

プロデューサーA氏中山喬詞Facebook「誹謗中傷でSNS閉じる」

中山喬詞さんは業界人なので、Facebookやインスタ、Twitterなどで発信をしていそうなので調査しましたが「中山喬詞」での検索は1件もヒットしないので、「なかやまたかし」で検索したら2件上がってきました。

なかやまたかしFacebook
なかやまたかしFacebook検索結果

「ナカヤマタカシ」さんも「なかやまたかし」さんも交通関係の方や自営業の方で、中山喬詞さん本人のアカウントではありませんでした。

中山喬詞さんは先述した「極主夫道」で原作にない夫婦に子供がいるという設定を追加し炎上した過去があります。この件で、SNSでは中山喬詞さんへの誹謗中傷が多発しFacebookやInstagram、ツイッターのアカウントを閉じたと推測します。

あまりにムカつきすぎて中山喬詞Pを検索するもみんな同じ事呟いてて安心した
 
とりあえず中山喬詞さんはSNSのアカウントがバレないよう怯える生活が始まるな。 特定されたらクソリプと誹謗中傷の嵐になると思うしね…… 自ら受難の道を歩むとは修行僧かな?
そして、中山喬詞さんのSNSでの誹謗中傷といえば、今回の女性トラブルに繋がります。
先述したB子さんとの関係ですが、中山喬詞さんと音信不通になってから、読売テレビ局内の上司に、中山喬詞さんの意向を聞いてほしいという旨をお願いした際に、中山喬詞さんは上司に「子供は認知して、養育費や慰謝料も払います」と言いましたがまだ実行されていません。
そして。2022年3月に中山喬詞さんの弁護士からB子さんの元に文章が届きました。
『誰かがSNSにAの誹謗中傷を書きこんでいるが心当たりはないか』
という内容で、SNSへの誹謗中傷はB子さんではないかと疑っているというのです。
しかも、子供の認知と慰謝料は誹謗中傷が解決してからと書かれていて、全く実行する気がないように見えます。
B子さんはこのストレスで、出血し救急車に運ばれ死産してしまい、現在も休職中で心療内科に通っています。
中山喬詞さんは仕事での誹謗中傷をB子さんのせいにしてSNSアカウントを閉じ、なおかつ子供の認知や慰謝料を支払わないという結果で現在もB子さんを悩ませています。

中山喬詞経歴が凄いが私生活はヤバい「元カノも精神疾患」

中山喬詞さんは、読売テレビの若手エースとも呼ばれ、ヒット番組のプロデューサーとしては30代で華麗な経歴を持っています。

中山喬詞さんは、バラエティの現場で4年経験を積み、東京本社で数々のドラマや映画に携わっています。

  • 2016年:遺産相続弁護士 丸井華
  • 2016年:黒い十人の女
  • 2017年:眠れぬ真珠
  • 2018年:探偵が早すぎる
  • 2019年:チート
  • 2020年:極主夫道
  • 2021年:アンラッキーガール!

若くしてトップの業界人になった中山喬詞さんは、プライベートや特に女性の前では天狗になっていたのでしょう。

ヤフコメには「N山さん」としてのタレコミがありました。

中山喬詞経歴
私の友達も昔このプロデューサーと付き合ってて嫌な思いをしたそうで、このプロデューサーが作品でコメント出すのも嫌がってました。忘れたくても名前を目にするのも嫌ですもんね。今回のことが全て事実かわかりませんが、友達の話を聞いていた私からすると、B子さんの主張が間違っていないのかなと思います。1日でも早く回復することを願います。N山さんです。
昔付き合っていたという女性は、今でも名前を見たり、作品のコメントを見たりするだけで嫌な気持ちになるということです。このようなことは精神疾患の1つに当てはまります。
中山喬詞経歴
引用:心の病気を知る・厚生労働省
PTSD(Post Traumatic Stress Disorder :心的外傷後ストレス障害)は、死の危険に直面した後、その体験の記憶が自分の意志とは関係なくフラッシュバックのように思い出されたり、悪夢に見たりすることが続き、不安や緊張が高まったり、辛さのあまり現実感がなくなったりする状態です。PTSDは決して珍しいものではなく、精神医療においては「ありふれた」病気のひとつであると言えます。
管理人も同じような経験をしているので、よくわかりますが対象者の名前や顔写真はもってのほか、匂いでもフラッシュバックしトラウマで頭が埋め尽くされます。特にひどい仕打ちをされたことに関しては、何年たっても思い出し、対象者といた場所には現在も行けません。
しかもB子さんは妊娠や死産を経験してしまっていますので、心の傷はとても深いものです。もしこの報道が事実ならば、中山喬詞さんは一人の女性または、他の被害者の女性を一生立ち直れないくらい辛い経験をさせてしまっていることになります。いくら仕事で素晴らしい経歴があり、称賛された作品でも、見方が変わってしまいます。
また、あおば法律事務所の橋本智子弁護士も「A氏の一連の行為は性暴力ともいえます」とコメントしています。

読売テレビプロデューサー中山喬詞の男女トラブル「冷酷さがにじみ出る」

真っ当な人間を見極める事って難しいのかな?と考えさせられる。喜怒哀楽が激しく、約束を守らない、一貫性の無い言動、この片鱗を盲目にならずに見極める事が大事
  • 中山喬詞さんと30代のB子は2016年頃から交際をスタートしたが、秋になると音信不通になるため、B子は別の男性と交際
  • 2021年7月に再会し中山喬詞さんから結婚を申し込まれたが、2021年10月ごろB子の妊娠が発覚後、中山喬詞さんの態度が一変し、中絶を要求
  • 中絶可能な期日を過ぎても話し合いがなされず、音信不通に
  • 2022年2月に読売テレビの中山喬詞さんの上司に相談したところ、「子供を認知して養育費と慰謝料を払う」と約束したが実行されていない
  • 2022年3月、中山喬詞さんの弁護士からAに関するSNSでの誹謗中傷を疑う文章が届き、B子さんは死産、自殺未遂で休職中で睡眠薬、向精神薬が手放せない状態にいる
中山喬詞顔画像
引用:FLASH

この件に関して「Smart FLASH」はA氏を取材したところ「人違いです」と立ち去る他人事な冷酷さがにじみ出ています。約束を守らないことや行動に一貫性がないところがあり、自分ではわからないところで、人を傷つけてしまっているのでしょう。

阿部光浩の妻「14歳で妊娠」

小倉直樹はデマ!「工作員にハメられた」

コメント

タイトルとURLをコピーしました