野崎祐也女子中学生ほう助事件

野崎祐也生い立ち「女性への異常な執着心」横浜市中学生自殺ほう助

nozakiyuuya oitachi 野崎祐也女子中学生ほう助事件

さいたま市に住む28歳の野崎祐也容疑者は、SNSで知り合った横浜市の女子中学生の自殺を手助けしたとして逮捕されました。

野崎祐也容疑者の生い立ちや経歴、家族、中学校や高校Facebook、ツイッターや顔画像を調査しました。

野崎祐也Twitter特定!

仲本工事妻は三代純歌!不倫疑惑?

小沢正彦経歴「結婚してもロリコン」

野崎祐也生い立ち「完全なロリコン気質」中高生のいじめ

SNSで知り合った横浜市の女子中学生の自殺をほう助したとして、さいたま市に住む会社員の野崎祐也容疑者が未成年者誘拐の疑いで逮捕されました。

<追記>

こちらは10月19日、書類送検時の野崎祐也容疑者の顔画像です。

nozakiyuya kao
【自殺ほう助容疑】SNSで知り合った中学生の自殺を手助けか 20代男を逮捕へ  男は女子中学生を車で山間部の橋の上に連れて行き、自殺の手助けをしたとみられている。女子中学生は遺体で見つかった。男は未成年者誘拐の疑いですでに逮捕されている。

野崎祐也容疑者は、SNSで自殺願望をほのめかしていた女子中学生を約3日間に渡り連れ回し、相模原市内の自殺場所に車で向かった疑いがあることがわかっています。

野崎祐也容疑者は28歳で、自身の半分くらいの年齢の中学生の女子とSNSで繋がり、連れ回し自宅連れ込む自体、常識ではありえません。

野崎祐也容疑者は、まさしくロリコン気質があります。

ロリコンになる原因としては、一般的に生い立ちや経歴にあるといいます。

参考:ロリコンになる原因とは?
具体的に言いますと……母親の厳しい躾や虐待、姉やクラスメイトなどの年上や同年代の女性によるいじめや冷遇、年上や同年代の女性との恋愛における失敗などが挙げられます。

野崎祐也容疑者は、幼少期に、家族や母親が厳しく、年上女性や友人からいじめられた、または恋愛や部活で失敗した経験があるのでしょう。

大人になり立場が強くなった今、弱いものと繋がり支配したい気持ちが強くなってきたと考えられます。

野崎祐也容疑者は、SNSで「死にたい」と書き込みがある若い10代の女性を探していただけです。

例えば60代以上の老人には、声を掛けることはしないはずです。

記憶に新しいですが、小野勇容疑者も、22歳の女子大生を自宅に呼び殺害する事件が起きています。

nozakiyuuya kao
小野勇容疑者

小野勇容疑者は家族に対しての依存や憧れが強く、寂しかった結果、間違った方向の人助けをしてしましました。

小野勇家族への憧れ

<追記>

野崎祐也容疑者の職業は、建築関係の会社で働いており、学歴はさいたま市の中学校を卒業したことが明かされています。

野崎祐也生い立ち「女性への異常な執着心」Facebookで物色

そして、野崎祐也容疑者のFacebookアカウントを調査してみると、さいたま市に住む1つのアカウントがヒットしました。

nozakiyuuya oitati
野崎祐也Facebook検索結果

ネットでは、このアカウントが野崎祐也容疑者のアカウントです。

野崎祐也容疑者と思われるフェイスブックアカウントを見ると、顔画像もあります。

nozakiyuya oitachi
野崎祐也Facebook

野崎祐也容疑者の顔画像は、帽子を被りチャラい感じの雰囲気です。

そして驚くことに、野崎祐也容疑者のFacebookの友達40人は全員が女性です。

nozakiyuuya oitachi
野崎祐也Facebook検索結果

しかも、美人な医療系大学や栄養士系、保育士の方と繋がっていて、どこか同じような女性に執着し、物色しているかのように思えます。

野崎祐也容疑者は日頃から、TwitterやFacebook、インスタなどのSNSやアプリで、自殺を志願する若い美人な女性を探していたとも見て取れます。

そして、野崎祐也容疑者は幼少期や学生の時から女性への憧れや支配力が強く、SNSを使って言葉巧みに若い女性を誘い出していたのでしょう。

しかも、今回逮捕された事件では、横浜市在住の女子中学生の自殺ほう助をしているのです。

野崎祐也容疑者の生い立ちから、女性に対して心に闇を抱えていたに違いないです。

「人助け」という体の良い言葉を使い、弱っている女性の心の隙間に上手く入り込んでいったのでしょう。

野崎祐也容疑者の生い立ちや家族、経歴は、今後明らかになるので、わかり次第追記していきます。

<追記>野崎祐也生い立ち「中学時代から病んでいた」卒業文集より

先述しましたが、野崎祐也容疑者はさいたま市の中学校を卒業していることがわかりました。

野崎祐也容疑者の中学時代の顔画像とプロフィールはこちらです。

nozakiyuuya tyuugaku
  • 名前:野崎祐也(のざき ゆうや)
  • 年齢:28歳
  • 住所:埼玉県さいたま市緑区東浦和5丁目
  • 職業:会社員

そして、野崎祐也容疑者が中学時代の卒業文集の文面です。

「ときどき暗い顔で立ち止まってしまう事もありましたが、大空を見上げたら気楽な気分になり、元気になることがありました」
野崎祐也容疑者は、中学校の頃から、悩んで病んでいたことがわかる文章です。
家族や友人、勉強や進路や部活のことで上手くいっていなかったことがあったとうかがえます。
そして、中学校時代の同級生が、野崎祐也容疑者の印象について、取材に答えていました。
「仲のいい人とずっとしゃべっているような感じだった」
「中学の時から授業は寝ていたり、学校を休みがち」
「女子を気にしながら、男子と話すところがあった」
野崎祐也容疑者の中学時代を知る同級生の男性が証言しています。
野崎祐也容疑者は、よく話す一面勉強や学校には積極的ではなかったようです。
中学校卒業後、野崎祐也容疑者は高校に進学したと思われますが、高校名や大学名は現在調査中です。

<追記>

10月19日のZIPでは、野崎祐也容疑者の中学時代の同級生が当時の野崎祐也容疑者について語っていました。

nozakiyuuya oitachi
ZIPより
  • やんちゃしたいけどグループに入れないような人物
  • どっちかというとナルシストでかっこつけ
  • 年下の女の子が好きだった
  • 高校時代付き合っていた彼女にも執着があって、彼女は束縛を嫌がっていた

野崎祐也容疑者は、中学校や高校の時からすでに年下の女性に強い執着があたということです。

<追記>野崎祐也顔画像「常に帽子とマスク」

こちらは野崎祐也容疑者の中学校卒業アルバムです。

nozakiyuuya kao

野崎祐也容疑者の眉毛は整えられ、長めの髪の毛で、中学時代からオシャレに気を遣っていたのでしょう。

野崎祐也容疑者の顔画像が公開されたことで、Facebookの顔画像が本人のものだと確定しました。

こちらの顔画像は、2015年の野崎祐也容疑者です。

マスクをして、前髪が長いのでほぼ顔が隠れています。

nozakiyuya kaogazou
野崎祐也Facebookより

こちらは、野崎祐也容疑者がゲームをする姿です。だいたい帽子を被って、マスク姿です。

nozkiyuya kao
野崎祐也フェイスブックより

野口裕太容疑者のFacebookは2016年7月で投稿はなくなっているので、女子中学生と繋がったのは、フェイスブック以外のSNSで繋がっていたのでしょう。

野崎祐也家族や妻・子ども「結婚せずに東浦和の自宅に一人暮らし」

野崎祐也容疑者の生い立ちは、だいぶ闇深そうですが、同居していた家族や結婚している妻や子どもはいるのでしょうか。

2022年9月20日に野崎祐也容疑者と女子中学生は、東京都内の駅で待ち合わせし、自宅に連れ込み、9月23日女子生徒を相模原市の山間部に連れていきました。

同20日に男は女子生徒と東京都内の駅周辺で待ち合わせて電車で移動し、自宅に連れ込んだとみられる

(引用:神奈川新聞)

野崎祐也容疑者は自宅に女子生徒を連れ込んでいるので、仮に一緒に住んでいる家族がいたらバレてしまいます。

なので、野崎祐也容疑者は、さいたま市緑区東浦和5丁目の自宅に、一人で暮らしていたと考えられます。

<追記>

野崎祐也容疑者の自宅が報道により明らかになりました。

nozakiyuuya jitaku

野崎祐也容疑者の自宅は、さいたま市緑区東浦和5丁目12-6、「イノビル」という賃貸物件で、この一角の部屋に女子中学生を連れ込み泊めていました。

松井響インスタ顔画像がイケメン!

田中友理自宅は結婚のため?

小沢正彦経歴「結婚してもロリコン」

<追記>野崎祐也母親コメント「息子は優しい子」

野崎祐也容疑者の母親は番組の取材に対しコメントしています。

nozakiyuuya hahaoya
  • 一緒に住んでいる?:母親「いえ、違います」「最近では9月18日に会っていました」
  • 野口裕太容疑者の様子は?:母親「普通ですね」「優しい子です。本当に。おつかいにも一緒に連れて行ってくれたりするような子なのに」と涙ぐんでいます。

野崎祐也容疑者と母親は、直近では9月18日に会っているということなので、定期的に買い物に行ったり食事をしたりするような仲の良い関係のようです。

母親からしたら優しい息子が事件を起こすなんて思ってもいないですし、ショックが大きく信じたくない気持ちでいっぱいのこととでしょう。

五ノ井里奈の自衛隊セクハラ問題

野崎祐也Twitter「10回以上凍結」友人証言

野崎容疑者はSNSで女性と出会っているということが、本人や友人の証言でわかりました。

nozakiyuuya twitter

捜査関係者によると、野崎容疑者は「自殺希望者を募るような内容の書き込みをして、これまでに10回以上SNSを凍結されている」などと供述していることがわかりました。

また、野崎祐也容疑者の友人の証言によると、SNSの中でもフェイスブックの他にツイッターを使い女性と繋がっていたと明かしています。

また、野崎祐也容疑者の小・中学校の同級生の女性は、2~3年前まで連絡を取り合っていたといいます。

野崎祐也容疑者と同級生のLINE内容は、

  • 野崎祐也容疑者に「恋愛っぽい女の子紹介して」と言われ「お前はどうなの?」などと話していた
  • 「結構、俺、遊んでるよ」と言っていたが、本当かはちょっとわからない

と、野崎祐也容疑者は「女の子と恋愛したい」という気持ちが強かったようです。

また、2022年3月までLineでやり取りしていた別の同級生は、

  • 2015年くらいから女の子を紹介してほしいとLINEがきた
  • 「俺、彼女いなくてさ~」「さびしい」などメッセージがきた

この同級生は「そうなんだ」と話を切ってしまったようですが、しつこく連絡がくるので、異常まではいかないけど、嫌だと思ったと話しています。

やはり、野崎祐也容疑者は異常なほど女性に執着していたのです。

野崎祐也容疑者はTwitterを使い、年下の可愛らしい女性に声をかけては、デートをしていたのでしょう。

そんな野崎祐也容疑者は、Twitterで自殺希望者を募る投稿をしていて10回以上凍結されています。

ちなみに、先述した小野勇容疑者も自殺についての書き込みが多かったので、複数回Twitterからお知らせがきていました。

nozakiyuuya twitter
参考:小野勇Twitter

野崎祐也容疑者は、このお知らせを超えて10回以上アカウントが凍結されてということなので、投稿内容もあからさまで過激だったと推測できます。

野崎祐也容疑者のツイッターアカウントは、わかり次第追記します。

<追記>

野崎祐也のTwitterが特定されました。女性とのデート画像が投稿されています↓

野崎祐也Twitter特定!

野崎祐也自殺ほう助現場は「相模原市緑区の桂橋」

報道の写真から、女子中学生を置き去りにした現場を割り出します。

nozakiyuuya oitachi
nozakiyuya oitachi

野崎祐也容疑者が女子中学生を連れて行き、飛び込みがあった現場といわれている橋は、相模原市緑区にある「桂橋」です。

野崎祐也容疑者は女子中学生を「現場に置き去りにした。中学生の提案で現場を決めた」と供述しています。

野崎ゆうや自殺ほう助事件概要「指定場所で降ろした」

9月23日、野崎祐也容疑者は自宅に、横浜市の女子中学生を数日間泊めた後、大雨の中、相模原市緑区内の山間部まで車で連れて行き、置き去りにしたということです。

女子中学生は6日後の9月29日に、川の中から遺体で見つかっています。

県警は、野崎祐也容疑者が主導する形で女子中学生が自殺する場所や方法を決めた疑いがあるとみています。

野崎祐也容疑者が女子中学生の自殺をほう助した事件の経緯をまとめます。

  • 野崎容疑者がSNSで自殺願望をほのめかす女子中学生の投稿を見つけて接触を図った
  • 2人は9月20日に誘い出して初めて対面し、一緒に行動し、野崎祐也容疑者が住むさいたま市内の自宅などに滞在していた
  • 女子中学生の家族が9月21日に県警に行方不明届を提出
  • 防犯カメラの映像やSNSへの投稿などから野崎容疑者が関与した疑いが浮かぶ
  • 県警は27日に野崎容疑者を未成年者誘拐容疑で逮捕した
  • 調べに対し野崎祐也容疑者は「間違いありません」と容疑を認めている

<追記>

野口裕太容疑者は、捜査関係者によると「女の子の死にたいという言葉に乗じて、積極的に死に場所を探した」という趣旨の供述をしているといいます。

野崎祐也自殺手助け「女子中学生両親の悲痛なコメント」

また、女子中学生の両親は10月17日、代理人の弁護士を通じでコメントを寄せています。

今は何も考えられない

 突然の最愛の娘の死に、悲しみに暮れており、今は何も考えられません。犯人に対する怒りもありますが、うまく言葉にすることができません。今は気持ちの整理で精いっぱいです。報道機関の皆様には、このような心情をご理解いただき、静かに娘の死を悼む時間を過ごせますよう、ご配慮を賜りたいと思います。

同じくらいの子供を持つ管理人としては、我が子のことのように胸が張り裂ける思いです。

SNSなんてなくなってしまえばとも思ってしまいます。我が子にももう一度、SNSでの繋がり方の確認をしました。

女子中学生の親御さんの気持ちを思うと、どうして気が付けなかったのか、後悔してもしきれない思いでいっぱいだと察します。涙があふれて止まりません。

<追記>野崎祐也起訴「自殺ほう助や誘拐」

SNSを通じて知り合った女子中学生の自殺を手助けしたなどとして、横浜地検は、野崎祐也被告29歳を自殺ほう助の罪などで、11月7日に起訴しました。

起訴状によると、

さいたま市の無職、野崎祐也被告はことし9月20日から23日までの間、SNSで知り合った横浜市に住む女子中学生を自宅に連れ込み、わいせつ目的で誘拐しました。

その後、女子中学生を相模原市内の橋まで車で連れ出し、足を支えるなどして欄干に立たせ女子中学生を飛び降りさせて死亡させました。

野崎祐也被告は、わいせつ誘拐と自殺ほう助の罪に問われています。

横浜地検は野崎祐也被告の認否を明らかにしていませんが、捜査関係者によりますと野崎祐也被告は女子中学生の自殺場所の調べに積極的に関わっていたとみられています。

野崎祐也Twitter特定!

仲本工事妻は三代純歌!不倫疑惑?

Manly times

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました