作山由奈さんフォークリフト事件

作山由奈父親の会社特定「仕事も遊びも全力投球」前橋市堀越町

sakuyamayuna father 作山由奈さんフォークリフト事件

2022年8月28日に群馬県前橋市にある自宅兼会社で、父親とフォークリフトを使ってブランコで遊んでいた小学校3年生の作山由奈さんが死亡しました。ブランコ遊びをしていた、作山ゆなさんの頭に「パレット」が落ちてしまったといいます。作山由奈さんは兄弟も一緒に遊んでいました。フォークリフトを運転し一緒に遊んでいた作山由奈さんの父親の名前や経営する会社について調査しました。

高嶋怜音障害疑惑はデマ!「おもちゃを貸してくれる優しい子」

高嶋怜音父親に犯人説浮上「実子でないから怪しい」

渋谷事件少女中学校は新曽中で特定「バスケ部だが目立たない子」

作山由奈父親会社特定「人柄も良く地元で評判が高いリフォーム」

2022年8月28日、群馬県前橋市堀越街にある、自宅兼設備会社の敷地で、42歳の父親が運転するフォークリフトに乗り、3mの高さでブランコ遊びをしていた8歳の娘、作山由奈さんが死亡しました。

sakuyamayuna chichioya
8歳女児の頭に「パレット」落ち死亡…父親操作のフォークリストで“ブランコ“遊び中  群馬・前橋市 28日午後5時前、前橋市堀越町にある自宅を兼ねた設備会社の敷地で、鉄と木でできた荷物を載せる台「パレット」が、小学3年生の作山由奈さん(8)の頭に落ち、作山さんは搬送先で死亡が確認された。

群馬県前橋市のフォークリフト事故について、作山由奈さん名前は公表されていますが、肝心の一緒に遊んでいた作山由奈さんの父親の名前や顔画像や会社名や、事故の詳細は公開されていません。

現在、作山由奈さんの父親の情報で報道されていることは、

  • 群馬県前橋市堀越町
  • 住宅兼住宅設備会社の敷地内
  • 作山由奈さんの父親は42歳
  • 前橋市堀越町で内装整備(キッチン設備)の事業を展開する内装設備会社の社長

娘の名前が作山由奈さんなので、父親の名字も作山姓であると推測できます。このような条件から作山姓の社長が運営する内装設備会社がホームページで確認できました。

sakuyamayuna chichi

株式会社○○○○と申します。この度はご覧頂きありがとうございます。

弊社は地元群馬県でユニットバス、システムキッチンの工事、販売をさせていただいております専門店でございます。

新築、リフォーム、マンション、アパート何でもお任せ下さい。

新規工事だけでなく、今現在お使いのバス、キッチンの水栓、換気扇の修理、交換汚れてしまったコーキングの打ち直し等、細かな事でもご相談ください。

お見積りだけでも大歓迎です。(お見積り0円)です。

sakuyamayuna chichi kaisha

群馬県前橋市フォークリフト事故に関係する、作山由奈さんの父親の会社情報に記載されている住所をGoogleMapで調べると、こちらの自宅が出てきます。

群馬県前橋市堀越町のフォークリフト事故について、メディアで報道されている作山由奈さんの自宅と、父親の会社が一致します。サッカーゴールもある広大な敷地と庭、そして数台の自家用車も駐車されています。またジェットスキーも所持しているので、スリルと娯楽を楽しむ裕福な家族です。

sakuyamayuna jitaku

また、作山由奈さんの父親のリフォーム設備会社のホームページは、8月29日15時の時点では、担当者として作山姓の男性の顔画像が掲載されていましたが、同日15時40分には顔写真は削除されていたので、会社は特定といって良いでしょう。

ただ、特定されたホームーページは、大元の会社と、他社との共同で運営しているサイトで、関係のない会社に迷惑をかけることになるので、ホームページの全容や、会社名はこちらのサイトで掲載することは控えます。

作山由奈さんの父親の会社は地元主義で、地元のお客様の評判の高い住宅リフォームの会社だという投稿も発見しました。

sakuyamayuna chichioya
会社、地元だけど人柄もいいし仕事も真面目で評判高いよ~。残念だけど。
#前橋市 #作山由奈さん

作山由奈さんの父親の会社名や、顔画像が報道され次第、こちらのサイトでも公開します。

高嶋怜音父親に犯人説浮上「実子でないから怪しい」

高嶋怜音障害疑惑はデマ!「おもちゃを貸してくれる優しい子」

佳子さま歯科医彼氏の名前特定「微笑み合うお似合いの二人」

作山由奈父親は会社社長「仕事も遊びも全力投球」

作山由奈さんと42歳の父親は8月28日の日曜日に、親子仲良く一緒に遊ぶ時間を楽しんでいました。内装設備会社を経営する父親は、仕事は忙しく遊べるときは週末だったのです。近年は、公園のブランコすら危険だといわれ撤去されているので、家でブランコができるという画期的なアイデアだったはずです。

作山由奈さんの自宅はとても立派で、敷地も広く家族団らんにはもってこいの環境です。

sakuyamayuna jitaku

作山由奈さんと兄弟と父親は、自宅敷地内で父親自慢のお手製フォークリフトでブランコを3mの高さまで引き上げ、それは他にはない、いわば遊園地のアトラクションを思いつきました。

sakuyamayuna chichi
引用:5ちゃんねる(5ちゃん民のイメージ)

作山由奈さんの父親は娘想いで、楽しませたいという気持ちがとても強く、常識では考えられないフォークリフトでブランコ遊びを楽しんでいた矢先の大変悲しい事故でした。

実際にニュースサイトに画像が出ていました。こちらの画像を見ると、上部のパレット(鉄の板)にベルトをつるし遊んでいました。

sakuyamayunakaisha

ちなみに作山由奈さんの父親は、フォークリフトでブランコ遊びをしたのは、今回が初めてたったとのことなので、慣れていなかったのです。パレットの位置や、パレットが落ちないように爪の角度上げなかったり、爪にベルトを引っかけていたならこのような事故は起きなかったとも考えられますが、それ以前に、非常に危険なアトラクションです。フォークリフトでブランコ自体また、そもそも資材置き場では遊ばせるということは、安全管理を全く考えていなかったのです。

sakuyamayuna kaisha
フォークリフトこんな遊びをしなければ…他にもやってる人はいるんやろね。

フォークリフトブランコの材質は、

  • 鉄のフレーム
  • 木製の板
  • 重さは100㎏越

フォークリフトの販売会社は、ブランコのように揺らしたことでパレットが前にずれて落下したと推測しています。

また、作山由奈さんの父親は、仕事熱心なとことがありました。それと同時に家族や娘の作山由奈さんにもたっぷりと愛情をかけ、遊ばせることに必死でした。

群馬県前橋市堀越町のフォークリフト事件宇を起こした、作山由奈さんの父親の仕事面をホームページから見ても、家族思いのところがあります。

こちらの画像は、作山由奈の父親が設備をしたとされる画像とコメントです。

sakuyamayuna chichioya
広い洗い場でご夫婦、お子様と共に楽しく、快適な入浴タイムが満喫できます。※引渡前の為作業養生を施してあります。
作山由奈さんの父親は、キッチンやお風呂の内装設備会社の社長なので、家族思いのリフォーム内容だとうかがえます。会社概要にもあったように、特に水回り専門のリフォーム業者なのでコーキングなど丁寧に行っていたのでしょう。家族の幸せのために毎日仕事に尽力していたことがわかります。
sakuyamayuna titioya
真面目なお風呂屋キッチン屋さんがお父様ですか!

作山結菜フォークリフトブランコ事件「兄弟も一緒だった」音がすごい

8月28日に群馬県前橋市堀越街にある、自宅兼設備会社の敷地で、42歳の父親が運転するフォークリフトに乗り、3mの高さでブランコ遊びをしていた8歳の娘、作山由奈さんが鉄の台が頭に落ち、搬送先の病院で死亡しました。

sakuyamayuuna kyoudai
【事故】8歳女児の頭に「パレット」落ち死亡 父親操作のフォークリフトで遊び中 news.livedoor.com/article/detail 8月28日、群馬県前橋市で、8歳女児の頭にパレットが落ち死亡した。女児は父親がフォークリフトで持ち上げたパレットにベルトをつるし、ブランコのようにして遊んでいたという。

警察によると、42歳の父親がフォークリフトで、3メートルの高さまで持ち上げたパレットにベルトをつるし、作山ゆなさんがブランコのようにして遊んでいたといいます。作山由奈さんと父親がブランコのように遊んだのは、今回が初めてで、近くでは、兄弟2人も一緒に遊んでいたといいます。

一番初めにブランコで遊んでいたのが作山由奈さんだったかはわかりませんが、兄弟の2人も一緒だったということから、どの兄弟がブランコに乗っていても、大変危険で鳥肌が立ちます。また兄弟みんな一緒に乗ろう!なんて考えただけで目を覆いたくなるような出来事です。父親や母親、また兄弟との楽しい時間が一転してしった悲しい事件です。

もし管理人の旦那が子供たちをフォークリフトに乗せて、ブランコを楽しんで、事故を起こしたらと考えると、怒りが奮闘を通り越して生きていけないくらいです。大切な子どもを何だと思っているんだ!と言って、子供を連れて即離婚です。母親としては公園の小さなブランコで十分です。

<追記>

Yahooニュースによると、事故当時、現場近くでは作山由奈さんのきょうだい2人も遊んでいたといいます。 近所の人によると、亡くなった由奈さん家族は普段からバーベキューをするなど、仲良く遊んでいる様子でした。

ああやって外で遊んでいる姿って、すごくいいなと思っていましたね。(事故の時)瞬間的にものすごい音がしたそうなんです。ドカンといったかな、何だろうと思うほどの…。(近隣住民)

フォークリフトでブランコをしていた鉄フレームと木製の板は100㎏越えです。落としたら、ものすごい音が鳴り響いたということでした。

また新しい情報が入り次第、追記していきます。

高嶋怜音障害疑惑はデマ!「おもちゃを貸してくれる優しい子」

高嶋怜音父親に犯人説浮上「実子でないから怪しい」

高井凛大学は関西学院大「女なら誰でもOK」

Manly times

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました