芸能界告発

園子温の性被害女優に清野菜名説「アクション指導で坂口拓との繋がり」が怪しい

清野菜名芸能界告発

園子温監督が3人の女優にセクハラ疑惑や性加害を告発されて話題になっています。園子温監督は「主演には大体手を出した」と豪語しています。園子温監督による性被害者の女優は一体誰なのでしょうか。ネットで調べていくと被害女優は何十人もいて、その中に清野菜名さんの名前が浮上しています。園子温監督による性被害女優は、清野菜名さんなのかを調査しました。

坂口拓の謝罪動画は売名行為が不快「園子温監督の腰巾着」で斡旋確定

園子温の性被害女優Cは千葉美裸で特定!

園子温監督の性被害女優は「何十人もいる」

2022年3月27日、ハリウッドで活躍している俳優の松崎悠希さんが園子温監督のセクハラ疑惑をTwitterで告発しています。

『日本人ハリウッド俳優、園子温監督のセクハラ告発「知り合いは身体を要求された」被害者は何十人も?』

松崎悠希さんは、以前からツイッターで、日本の映画業界のシステムなどを批判していました。

園子温
『俺の知り合いは園子音とその取り巻きの「ワークショップ」に通い始めて「事務所(マネージャー)を信用するな」と教えられ、そして「一人」になったところで身体を要求された。これを読んで「まさに自分の事だ」と思った?それくらいこれがコイツの「常套手段」だったわけだ。被害者は何十人もいる。』
『ERIKO:この某園監督、作品に出たいなら会ってあげてもいいけど、マネージャーとか連れてくるのやめてね、そういうの嫌いなんで、って言われたことがあって、セクハラパワハラの匂いしかしなくて辞退したことがある。まだ当時のやりとりどこかに残ってるんじゃないかな…』

この告発は、園子温監督やその取り巻きの俳優のワークショップに参加した、松崎悠希さんの知り合いであるERIKOさんが実際にセクハラに遭いそうになったときのことで、ERIKOさんはこの誘いが怪しいと思い、辞退したことでセクハラ被害を回避しました。

しかし、園子温監督によるセクハラや性被害は若手女優で何十人もいるということです。一体、園子温監督による性被害を受けた女優は誰なのでしょうか。

園子温監督の性被害女優は清野菜名説「オーデション落選も主演に抜擢」

清野菜名さんは、園子温監督の2014年公開映画『TOKYO TRIBE』のオーディションを受けました。1回目のキャストのオーディションで落選するものの、2回目のアクションメンバーのオーディションでアクション演技を見た園子温監督の目に留まり、「アクションをやっている時の君は輝いている」として、急遽ヒロイン役に抜擢されています。

清野菜名
園子温監督と清野菜名

当時無名だった清野菜名さんは、キャストオーディションで一度落選しているのにもかかわらず、急遽主演に抜擢されていることが怪しいという見方があります。

清野菜名
『実は清野菜名は東京トライブは別の役でオーディション受けて落ちてるんだよね』

清野菜名さんは、オーディションに一度落ちて、再びアクションを見てもらい、急遽主演に大抜擢されたということは、決まるまでの間に何かあったのかとも考えられます。

そして、まだ無名だった清野菜名さんは、園子温監督の映画『TOKYO TRIBE』で19歳にして初ヌードにも挑戦し、この作品がきっかけでブレイクしています。

清野菜名
『清野菜名は、園子温のTOKYOTRIBEあたりから出てきたからあり得る。』

清野菜名さんは、アクションを認められ輝かしい演技をされた実力が世間に認められ、有名になったということは確実だと思いますが、もし裏でセクハラ被害に遭っていたかと思うと心が痛いです。

清野菜名
『園子温はTOKYO TRIBEで主演した清野菜名さんを同伴させTOKYO MXのワイドショーに出演した事があり、その時の清野菜名さんの様子が居た堪れなかったんだよな。憔悴と混乱と正常化バイアスで変になってる感じ。清野さんが記事と同様の被害に遭ったかは別として、同じ手口で判断力を奪われていたと思う。』

ワイドショーの出演で清野菜名さんに異変があったことが事実ならば、園子温監督と一緒にいることすら辛かったと思います。

『「(オーディションに受かったという)電話一本で運命が変わりました」という清野は、「やるって決めたからには何があっても最後までやりきる」と決意を固め、撮影には毎日全力投球でのぞんだ。「はじめは怖かった」という園監督からも、落ち込んでいるときには励ましを受け…』

(引用:映画・com

また清野菜名さんは園子温監督の第一印象は『はじめは怖かった』と明かしています。若くて無名な女優からしたら、園子温監督のような権力がある存在の人に、威圧的に誘われたら、断れないこともあります。

また当時の映画制作スタッフからも清野菜名さんの大抜擢について、噂もありました。

『新人で無名の清野菜名さんの大抜擢は露骨過ぎて、映画制作スタッフからも疑問の声がありました。しかも、脱ぎ損くらいのパンチラやヌードがいかにもって感じでした。』(映画製作スタッフ)

映画『TOKYO TRIBE』に主演した清野菜名さんをプッシュする園子温監督の勢いがすごくて、周りのスタッフは何かあるのではと勘ぐっていたのでしょう。

園子温監督の性被害女優は清野菜名説「アクションの指導者が坂口拓」

清野菜名さんは、2007年にファッション誌『ピチレモン』のモデルとして芸能界デビューし、CMやテレビドラマ、舞台などにも出演し、12年に映画『桜蘭高校ホスト部』で長編映画に初出演しています。清野菜名さんの公式プロフィールに記載されている特技はアクション、バク転、殺陣、陸上と、スポーツ万能少女です。

そんなスポーツ万能な清野菜名さんにアクションを指導していたのは、人気アクション俳優で映画『キングダム』に出演していた坂口拓さんです。

坂口拓さんは、園子温監督の取り巻き俳優Tとして10年前から園子温監督の飲み会や性被害のセッティングをしたとして話題になっている俳優です。

また坂口拓さんは、2022年4月5日に「10年前の取り巻き俳優Tは自分だ」と認めて謝罪動画を出しています。

『園子温の取り巻き俳優Tは坂口拓だった。』

そんな坂口拓さんと清野菜名さんには、以前からアクションを通しての繋がりがありました。

『#園子温#坂口拓 繋がったなッ・・・! ♯清野菜名』

清野菜名さんは坂口拓さんのアクション養成所で修行をしていて、もともと運動神経が優れていた清野菜名さんは『第3回ジャパンアクションアワードでベストアクション女優賞』を受賞しています。

「清野さんは高跳びで全国大会に出場するなど運動神経抜群だったことから、もともとアクション女優志望でした。そこで高校1年の時から2年間は坂口さんからボクシングや立ち回り、アクロバットなどの本格的なアクション特訓を受けていたのです。彼女の伸び伸びとした演技の陰にも、坂口さんの影響があったといえるでしょう」(芸能記者)

(引用:女性自身

坂口拓さんは、昔から園子温監督と手を組んで性加害の手引きをしていたので、清野菜名さんが被害者ではないかという繋がりが出てきています。

しかし、清野菜名さんにとって坂口拓さんは「師匠」という存在なので、園子温監督の手助けをしたとは考えにくい気がします。清野菜名さんのアクションは迫力があり溌溂とした印象なので、このような被害に巻き込まれていないと信じたいです。

いずれにしても清野菜名さんが、園子温監督から実際にセクハラ被害を受けたという確証は掴めていないので、断定はできません。また新しい情報が入り次第更新していきます。

坂口拓の謝罪動画は売名行為が不快「園子温監督の腰巾着」で斡旋確定

園子温の性被害女優Cは千葉美裸で特定!

清野菜名は生田斗真に守られている

清野菜名さんは25歳という比較的若い年齢で、俳優の生田斗真さんと結婚しています。交際歴は5年ということなので、ちょうど園子温監督の『TOKYO TRIBE』に主演した19歳の時くらいに知り合っている計算になります。

清野菜名
『清野菜名って2年前に生田くんと結婚したばかりだけど生田くんも同じ俳優だからこういう闇を知ってそうだし夫婦関係には問題ないだろうね。』

芸能界のセクハラ被害については、生田斗真さんも同じ業界なので闇を知っていて、清野菜名さんを守っているので夫婦関係には問題ないでしょう。

『各方面に彼女をよろしくと営業してるって言われてたけど、もしかして俺の彼女なんで手出さないで下さいよって意味も込めて酷い扱いされないように紹介してまわってたのかな。』

生田斗真さんは清野菜名さんのことを各方面によろしくと挨拶をしていました。生田斗真さんが清野菜名さんを守る覚悟で紹介し、悪い虫が付かないようにまた、酷い扱いをされないようにという意味があったとも考えられます。

坂口拓の謝罪動画は売名行為が不快「園子温監督の腰巾着」で斡旋確定

園子温の性被害女優Cは千葉美裸で特定!

コメント

タイトルとURLをコピーしました