田中秀和強制わいせつ未遂事件

田中秀和大学は神戸大「天才的な曲の礎」強制わいせつ未遂事件

田中秀和大学 田中秀和強制わいせつ未遂事件

「アイマス」や「ウマ娘」などを担当する有名作曲、田中秀和さんが10代の女性に対し、強制わいせつ未遂の容疑で逮捕されました。

たなかひでかず容疑者の大学や事件を調査しました。

イオンモール羽生スプレー犯人は?

服部健司アカハラ問題!

南畑優冶Twitter特定!

田中秀和大学は神戸大発達科学部「天才的な曲の礎」

田中秀和大学を調査したところ「神戸大学発達科学部人間表現科」卒業だということがわかりました。

tanakahidekazu daigaku
引用:https://www.hdkzt.com/about-me/

田中秀和 / 作曲・編曲・音楽プロデュース

1987年生まれ。大阪府出身。

神戸大学発達科学部人間表現学科卒業。

2010年よりアニメ・ゲーム作品をはじめとした様々なプロジェクトにて楽曲制作を担当。

近年ではCMやアーティストへの楽曲提供も積極的に行なっている。

趣味は散歩。好きなものは絨毯と温泉。

田中秀和容疑者の出身大学は「神戸大学発達科学部人間表現学科」です。

神戸大学は、兵庫県神戸市に本部を置く国立大学で、発達科学部人間表現科の偏差値は61です。

調べてみると、2017年4月から「国際人間科学部」として、国際文化学部と発達科学部が再編統合されました。

現在は、文系と理系の境界を越えた基礎教育やフィールドワーク重視の専門教育などを通じて、国際社会の課題解決に貢献できる人材の育成を目指す「国際人間科学部」が新設されています。

なので、現在は田中秀和容疑者が卒業した発達科学部はなくなっていました。

また、田中秀和さんの大学を調査すると、現在も神戸大学発達科学部人間表現学科のホームページで理念や特色が掲載されていました。

(ホームページは2023年3月末に閉鎖予定)

tanakahidekazu daigaku
引用:神戸大学発達科学部公式HPより

人間表現学科の理念 

広い知識を授けるとともに、音楽、造形、パフォーミングアーツ等の人間の様々な表現や創造活動について教育研究を行い、教養並びに表現領域についての幅広い知識や個々の領域における専門的な知識及び技術を身に付け、研究、創造及び社会的実践に関する優れた能力を有する人材を養成することを目的とします。

教育の特色

表現の原初に立ち帰る
人の表現行為は、日常の何気ない所作や立居振舞から「芸術」と呼ばれるものまで、実に多様です。その現れ方は、音声や身振りに始まり、身体や道具を使っての音、色、かたち、香り、味などの創造へと多彩に発展しますが、すべては人間の五感に基づくものです。近年のテクノロジーの進歩は、この表現の実体までも曖昧にしていくかのようですが、私たちは、変容し続ける人間の表現や表現行為について、まずその原初に立ち帰って考えます。
複眼的アプローチで挑む
表現は、私たちの生の反映です。私たちのひとりひとりの一挙一動には、その影響と反応を、無限に繰り返し共有するコミュニケーションのサイクルが内包されており、それが歴史を創るのです。その混然一体となって姿を変える人間表現の解明に、私たちは「表現することの意味」や「表現する行為そのもの」「表現されたもの」といった複眼的な視点から果敢に挑戦します。
アート/ヒューマンインターフェースの研究・開発を目指す
専門性を高めることは何より重要なことですが、その上で私たちが目指すのは、本来、分かちがたく渾然一体となった表現領域から細分化されてきた専門分野を、「表現」を鍵にして結び合わせようとする刺激的な教育研究の場です。ここから、多彩な表現世界を自由に往来して、深い人間理解と洞察のなかから新しい表現と価値を生み育て、人と人をつなぐ豊かなアートの創造と研究に携わる人材が生まれていくことを願っています。

田中秀和容疑者が卒業した発達科学部人間表現科は、「芸術」と五感に基づくもので、変容し続ける人間の表現や表現行為にの原初に立ち帰って考え、表現することを果敢に挑戦するという特色があるようです。

田中秀和容疑者は、神戸大学発達科学部の理念そのもので、大学時代から表現することを追求し、天才的な音楽や曲を創り上げる礎になったのです。

田中秀和容疑者は大学時代、音が美術や身体表現と組み合わされることによって生まれる新たな魅力に惹かれました。

展示やパフォーマンスのコラボレーションイベントの企画、写真展や舞台の音響・音楽制作、サウンド・インスタレーションの制作などを積極的に行い、学んでいました。

田中秀和大学時代「先輩にキモイと言われる」

田中秀和容疑者は、神戸大学在学中に、有名作曲家の神前暁(こうさき さとる)さんを知りプロを目指したといいます。

tanakahidekazu daigaku
田中秀和さん「大学時代に神前暁さんを知りまして、それが涼宮ハルヒの憂鬱でして、神前暁さんみたいになりたいなと思ってプロを目指した感じですね」
そんな田中秀和容疑者は大学時代のエピソードをTwitterに投稿していました。
tanakahidekazu daigaku
大学卒業間近の時
「東京行って作曲家になるんだ?どんな音楽やるの?
え、アニソン?キモ!笑」
って笑ってたベーシストの先輩
いまでも元気におんがくやってるかな
田中秀和容疑者は大学時代から、ずば抜けた才能を持っていたので、ベーシストの先輩は嫉妬していたのかもしれません。
また、田中秀和容疑者は、大学時代からアニメ好きなロリコンだと思われていて「キモっ」と言われていたのでしょうか。
今回のわいせつ未遂事件では同じ大学の友人や、後輩、また田中秀和容疑者に憧れていた方は裏切られた気分になっているはずです。
田中秀和「大学の先輩にアニソン?キモって言われた」 自分の身でもって証明してて草ァ!!!!

イオンモール羽生スプレー犯人は?

服部健司アカハラ問題!

五ノ井里奈さん自衛隊セクハラ問題

たなかひでかずシンセの大学が好評「コード進行が神」

また「大学」といえば、田中秀和容疑者の出演回「シンセの大学」「Tom-H@ck音楽大学 -特進クラス-」はとても好評でした。

みんな!田中秀和さんだよ!!【10/23(金)19時から】 シンセの大学2019-2020 Vol.5 「シンセの大学2019-2020 Vol.5 田中秀和の“あたまのなか” Online」生配信!

田中秀和さんといえば分数augやdimなど、複雑なコード進行の使い手として著名です。

「何を考えたらあのコード進行になるのか」という田中秀和さんの「あたまのなか」を掘り下げる神回でした。

田中秀和さんの講義なんて神でしかないでしょ…会費収めるか…

シンセの大学の「田中秀和さんの回はいつでも見られるようにしてほしい」という投稿も多かったので、WUG曲にハマる人にとっては神のような存在でした。

田中秀和強制わいせつ未遂事件「好みのタイプで後をつけた」

tanakahidekazu daigaku
  • 田中秀和容疑者の逮捕容疑は8月20日午後10時半ごろ
  • 東京都目黒区内の駅近くの駐輪場で、面識のない10代の女性に声をかけ、無理やり手を引っ張り、わいせつな行為をしようとした
  • 認否は明らかにしていない。
  • 同署によると、田中秀和容疑者は「別の駅で女性を見つけ、好みのタイプだと思って、同じ電車に乗って後をつけた」と話している
  • 駅近くの駐輪場内の暗がりに女性を連れていったとみている

警視庁が捜査した結果、駅の防犯カメラに、容疑者が女性のあとをつけるような様子がうつっていたということで、24日、田中秀和容疑者を逮捕しました。

田中秀和容疑者の逮捕を受け、ファンやオタクたちは楽曲が配信停止されることを心配しています。

tanakahidekazu daigaku
人気ゲームなどに楽曲提供 作曲家 強制わいせつ未遂容疑で逮捕 作曲家の田中秀和が10月24日に逮捕されました。 アイカツにも数多くの楽曲を提供しており、2023年の映画や10th Thanks Partyへの影響は不明です

ただ、楽曲の心配よりも、10代の被害女性がいるということを忘れてはいけません。

仲本工事妻に不倫疑惑浮上!

Manly times

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました