渋谷母子事件

渋谷事件少女中学校は新曽中で特定「バスケ部だが目立たない子」保健室登校

shibuyajiken-tyugaku 渋谷母子事件

2022年8月20日、東京都渋谷区神泉駅近くの路上で、母親と娘が刺される事件が起きました。犯人の年齢は15歳で戸田市の中学校に通っていると報道されています。ネットでは、戸田市中3少女の中学校を特定する動きがあります。戸田市内には戸田中、戸田東中、美笹中、喜沢中、新曽中、笹目中の6校があり、Twitterや5ちゃんねるでは「新曽中学校のバスケ部」だという情報がありました。渋谷親子刺傷事件の少女の顔画像や実名は公開されていませんが、犯人少女の中学校や犯行の足取り、母親との関係を調査しました。

富山2歳児障害疑惑はデマ!「おもちゃを貸してくれる優しい子」

渋谷事件少女生い立ち「巨乳美人のヤングケアラー」家族のために闇バイト

長澤麗奈高校は厚木清南高で特定!「男好きが止まらない略奪癖」

渋谷事件少女中学「新曽中学校バスケ部所属」で特定

こちらの記事は、SNS上の情報を元にまとめてあります。

8月20日、渋谷区神泉駅近くの路上で親子2人を刺した15歳の少女は、未成年ということで、実名や顔画像の公開はありません。ただ、少女が通っている中学校は戸田市の市立中学校だということはわかっています。

todashishoujo-tyuugaku
戸田市の中3って、戸田は中学校が確か5、6校しかないからすぐ特定されそう…

埼玉県戸田市内の公立中学校は6つあります。

  • 戸田市立戸田中学校
  • 戸田市立戸田東中学校
  • 戸田市立美笹中学校
  • 戸田市立喜沢中学校
  • 戸田市立新曽中学校
  • 戸田市立笹目中学校

戸田市内には6つの中学校しかないので特定までに時間はかからないとみていましたが、Twitterでは「戸田市立新曽中学校」だという情報がありました。

todashityu3shoujo-niizotyuu
渋谷で人を刺した中3女子の名前と住所特定できる人~
という投稿に対して、返答しているツイートはこちらです。戸田市内のことをよく知っている方か、地元の方なのでしょう。
todashityuu3shoujo-niizotyu
埼玉県戸田市新曽中学校に通い、バスケ部所属。このくらいの情報しかわかりません。ありがとう

こちらのツイートの信憑性は確かではないですが、ネット上に「新曽中学校」ではないかという情報がいくつもありましたが、現在その情報がキレイに削除されてしまいました。脳裏に覚えている1つの情報は、匿名掲示板に「制服が可愛い中学だった」という情報があり、「制服が可愛い中学校新曽中学校」というような内容もありましたが、数分で削除されました。

また、新曽中学校のバスケ部ページもメンバー表など見られないページが多発しています。該当中学校による説明会も行われているはずなので、情報を漏らさないように注意喚起があるのではないかと予測しています。

渋谷親子事件少女中学校では「目立たない存在」いじめで不登校

渋谷区事件の少女は、ネットでは不登校だったとありますが、ツイッター情報では「バスケ部所属」ということで活発な印象を持ちます。しかし、中学校3年生ということで、すでに引退しているので現在は受験勉強に打ち込んでいる時期です。

またネット上には、中3少女についての投稿だと思われるツイートを発見しました。

niizotyuu-basuke
新曽中バスケ部だが目立たない女子。
#渋谷

後述しますが、少女は中学1年生の冬頃から不登校でした。バスケ部に所属していても、なかなか練習にも出れずに、目立つことはなかったと考えます。いじめられていたという噂もありますが、学校に来なくなった時点で、印象や存在が薄くなってしまうものです。表立ったいじめはなくても、何となく学校へ行きづらい時があります。

管理人には少女と同世代の子どもがいますが、理由がなくても学校には行きたくない人なので、行かない状態が続くと自然と友達とも疎遠になっていきています。ましてや、少女の場合は家庭で母親や家族と上手くいっていないとなれば悩みも深くなります。我が子のことももう少し考えなければと管理人自身も反省しております。

現在は戸田市立中学校という情報が先に立ち、あらゆる情報が流れています。新曽中学校に直接に出向いたり、電話をかける行為は迷惑です。

もし、渋谷区事件についての有力な情報をお持ちの方は、当サイトにコメントのご協力をお願いします。

高嶋怜音父親に犯人説浮上「実子でないから怪しい」

りゅうちぇる告白内容「狙いは性別変更計画」ゲイの後出しジャンケンは卑怯

長澤麗奈知人男性はLGBTの元女の子だった「我が子より愛おしい存在」

戸田市中3少女中学校「保健室登校で塾通い」弟思いの姉

戸田市中3少女について現在わかっていることは、

  • 名前:不明
  • 性別:女
  • 住所:埼玉県戸田市在住
  • 中学校:戸田市内の公立中学校3年生
  • 年齢:15歳
  • 凶器:包丁などの刃物3本

戸田市中3少女は未成年のため、顔画像や名前の公表はされていません。しかし、一部のネット上では少女の名前が「あ〇こ」であることが浮上していますがどれも信憑性に欠けます。ソースが取れ次第こちらのサイトでも掲載させて頂きます。

また戸田市中3少女は、中学校1年生の冬から不登校だったということです。

todashityuugaku
中1の冬から不登校だって
でも塾には行ってたのか
週1~2回の保健室登校だってね

少女の不登校は1年生の3学期くらいから始まっていて、週に1、2回、登校はするものの、保健室などで勉強する生活でした。同級生や先生と目立ったトラブルがあったわけでなく、なんとなく学校生活が馴染めなくなってしまったということですが、学校に通いずらい理由があったと考えられます。

そして、戸田市中3少女は、受験生ということで、週に2回ほど夏期講習のため塾に通っていると報道されています。

その後の調べで、女子生徒が事件当日の昼すぎに「塾に行ってくる」などと家族に伝え、自宅を出たとみられることが捜査関係者への取材で分かりました。

捜査関係者によりますと、ふだんから週2回、塾に通って勉強していたということです。(NHK NEWS WEBより抜粋)

渋谷区事件少女は家族に「塾に行ってくる」と嘘をついて、電車で都内に向かって新宿駅で降りたとみられ、「人を殺そうと思って人目につかない裏路地を探して歩いていたら現場にたどりついた」などと説明しているということです。少女は外に出る時に、家族に行先を伝えているので、外出時に家族と揉めた様子はなさそうです。
ただ、新たな報道では、
  • お母さんは機嫌が悪くなると態度に出る
  • お母さんの嫌なところに自分が似てきたのが嫌だったので殺そうと思った
  • 予行練習のために刺した
  • 母親を殺そうと思ったのは最近

と少女が母親に対する気持ちを語っています。しかも、少女の中学2年生の弟については「お母さんの遺体を弟に見せるのは嫌だったので一緒に殺そうと思った」と冷静に弟のことを想っています。本当に母親を殺したいと思った時の精神が一番高ぶる時には、弟のことまで考えないので、比較的冷静に物事を考える少女だったと推測できます。少女は弟との姉弟仲は良好だったとうかがえます。夏休みということで、母親と一緒の時間が長くなり、自分と母親を重ねてしまう時間が増えたということです。

渋谷区母子刺傷事件足取り「塾へ行くと嘘をつき現場へ」

15歳の少女は、犯行当日の8月20日の昼過ぎの午後1時半頃に、家族には「塾へ行く」と言い残し、自宅を出て自転車で移動し、JR南浦和駅に向かい、駅からJR新宿駅で一旦下車しています。ちなみに所持金は500円で、行きの運賃しか所持していませんでした。帰りのことは考えずに、また家へ帰る予定はなかったものと考えられます。男性に取り押さえられた時は上の空で、抵抗せずに脱力感すらあったということから、逮捕されるという前提で犯行に及んだと考えることが自然です。

そして、新宿駅から徒歩で犯行現場の神泉駅付近まで移動しています。GoogleMapによると、徒歩でおよそ50分の距離です。

todashityuu3shoujo

自宅を出たのは13時半くらいで、電車に乗り犯行現場まで猛暑の中歩いています。犯行時間は19時なので、移動の時間を考えても7時間くらいあります。人気のない場所を求めて、4~5時間も歩いたのかはまだ疑問ですが、ずっと母親への憎悪を抱きながら歩いていたということです。

女子生徒は私服姿で、ズボンのポケットに折りたたみナイフ(同約9センチ)と果物ナイフ(同約7.5センチ)も所持。目撃した近くの飲食店従業員の男性に取り押さえられた。当日は、昼過ぎに自宅を出てJR新宿駅で下車し、歩いて現場まで来たと説明しているという。

(引用:読売新聞オンライン)

長時間歩きクタクタになった頃に、被害者の母親(53)と娘(19)が仲良さそうに歩く姿を見て、羨ましくなったり自分の気持ちが高まってしまい犯行に及んでしまいました。

ただ、時間的にも7時間くらい歩き回るのは不自然なので、闇バイトでもしてたのではという情報もあります↓

渋谷事件少女生い立ち「巨乳美人のヤングケアラー」家族のために闇バイト

<追記>戸田市少女「教育委員会の会見」

8月22日に、渋谷・親子刺傷事件を起こした犯人、戸田市の15歳で中学3年生の少女について戸田市の教育委員会が記者会見を行いました。

戸ヶ崎教育長は、「現時点において、警察等から、報道以上の情報提供は受けていない」ことを明らかにした。

一方で、戸ヶ崎教育長は、「決して起きてはいけない事件で、大変重く受け止めている。こうした事件を防ぐ手立てはなかったのか、原因究明に努めたい」と強調した。また、まもなく新学期を迎えるため、「子どもたちの心のケアの対応も必要だ」と述べた。

(引用:FNNプライムオンライン)

調べによると逮捕された少女は、

  • 中学1年の1~2学期は、真面目に学校に通っていた
  • 3学期から学校のことが「嫌になり」始め、不登校になった
  • 3年生になってからは、週に数回、自習室に登校する程度になった
  • 学校内などで、いじめを受けているなどの話はない

ということが、戸田市の教育委員会の最新情報です。

<追記>渋谷刺傷事件少女と母親の関係「母に従う優等生」

8月23日のFNNプライムオンラインによると、戸田市少女の母親は、娘との関係性について、

「娘は不登校で、弟は真面目に学校に通っていて、そこで弟の方をひいきしていると思っていたかもしれない」
「娘を問い詰めたことがあった」
「最近は、来年の受験に向けて、わたしが勉強をしっかりやるように問い詰めたり、学校に行けていないことを少し責めたりしていた。厳しく言った時も言い返すことはなく、淡々と返事をしていました。わたしに対する不満を言えずに、いつのまにか、ため込んでいたのかもしれません」

と話しているといいます。

少女は、 中学1年生の3学期から、不登校になり、その理由について、母親は、部活をやめたことや、友達とのトラブルがあったと話しています。また、事件当日の少女のくわしい足取りについても、徐々に明らかになってきて、捜査関係者によると、少女は当日昼過ぎに自転車で自宅を出て、埼玉県戸田市内の塾に向かいましたが、途中で「塾に行くのが嫌になった」と考え予定を変更し、武蔵浦和駅から電車に乗って、新宿に向かったことがわかりました。

また報道によると少女の母親は「弟と少女の接し方に差があったからではないか」とも話しているので、日頃から少女は1つ違いの弟と比べられて育っていたことで、言いたいことも言えずに抑え込んでいることが爆発してしまったということです。

他にも少女の家庭を知る知人は、

  • 普段はとても優しい子で、勉強も頑張っていた
  • ごみ捨てやお手伝いをしているところを見たことがある
  • 最近はあまり外で見かけなくなったが、会えば挨拶してくれる

など、表向きはどこにでもいそうな中学生だったことがわかります。これまで少女は、母親に従い、母親の思うとおりに過ごしてきた優等生だったと推測できます。

<追記>逮捕の中3少女犯行動機「母に似た人探し歩き回る」よほどの執着

8月23日のJIJI.COMによると、逮捕された15歳の中3少女について、

「自分の母親に似た人を狙った」という趣旨の供述をしていることがわかりました。少女は事件現場の少し手前から、母娘の後を付けるように歩きタイミングを見計らって襲ったといいます。

shibuyashoujo-tyuugaku

襲撃相手である被害者の母親(53)については「母に似た人を狙った」と話しているということで、渋谷に着いてから母親の面影を持つ女性を探し歩いていたと推測できます。

また少女が持ち歩いていたリュックサックには3本の包丁などの刃物が入っていてこのリュックは現場から100m以上離れた場所で見つかっています。

数時間も渋谷を母に似た人を捜し求めて歩いたということは、相当母親を恨むまた、執着していたとうかがえます。

<追記>

8月24日のYahooニュースによると、その後の捜査関係者への取材で、少女が「2人以上殺せば、死刑になれると思った」「力が弱く、殺しやすい女性を狙った」などと供述していることが新たにわかったといいます。

<追記>渋谷母娘刺傷事件「礼儀正しい子」

8月27日のFRIDAYデジタルによると、15歳の少女が小学校卒業まで通っていた地元スポーツクラブの関係者の証言が報じられていました。

「あの子がこんな事件を起こすなんて……今でも信じられません。彼女は優等生で、卒業時に監督やコーチ全員に感謝の手紙を渡すような礼儀正しい子でした」(スポーツクラブ関係者の証言)
 
「チームメイトにも信頼され、明るい性格で元気に練習に励んでいました。同じクラブには弟も所属していて、練習終わりには毎回母親が迎えに来ていました。弟と仲が良く、練習帰りに一緒にコンビニに寄ったりしていましたし、家族関係は良好に見えました。中学入学後はそれまでとは別の運動部に入っていました。久しぶりに会った際、私が冗談で『痩(や)せた?』と言うと『逆に太ったんですよ』と気さくに返してくれました」(スポーツクラブ関係者の証言)
少女は気さくな性格で、弟や家族の仲も良く運動も熱心に続けていたといいます。
しかし、中学校入学後1年生の3学期に、部活でいじめを受けてから陰りが出てきました。その後も新型コロナウイルスが流行り始め、少女の母親は在宅勤務が増えて日中は一緒にいる時間が長くなりました。親子の間でストレスが増えてしまい、精神的に影響を及ぼしてしまったと考えられています。

高嶋怜音ちゃん父親に犯人説浮上「実子でないから怪しい」

渋谷事件少女生い立ち「巨乳美人のヤングケアラー」家族のために闇バイト

りゅうちぇる告白内容「狙いは性別変更計画」ゲイの後出しジャンケンは卑怯

Manly times

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました