早稲田大学アカハラ

上田路子家族「エリート夫よりペット彼氏との幸福感」友人証言

上田路子家族早稲田大学アカハラ

早稲田大学は、男子学生への性交渉などのハラスメント行為を強要させたとして、政治経済学術員所属の准教授であった上田路子准教授に対して懲戒処分(停職6か月)となり退職しました。上田みちこ准教授は既婚者で夫や子どもがいるので男子学生とは不倫関係でした。上田路子氏の家族、夫や子供また経歴を調査しました。

新野りな職業暴露「手錠プレイのAVモデル」

三瓶博幸出身校は尚志高校「すでにあった裏の顔」

岡崎市給食排泄物学校は城北中!

上田路子家族「エリート夫よりペット学生彼氏」

早稲田大学の准教授であった上田路子氏は家族がいながら2016年9月~18年3月まで、男子学生と海外出張やプライベートの旅行に同行させて同じ部屋に宿泊していました。

上田路子家族
上田路子准教授、何故?性交強要罪で逮捕されないのか?

もし男性教授が女子学生に性交渉を強要させた場合は即逮捕になりそうですが、上田路子氏の場合は事実を否認していて逮捕には至っていません。

そんな上田路子氏は、年齢や家族構成については、公開していないので調査してみると生まれた年を発見しました。

上田路子家族

上記サイトから上田路子氏は1973年と記載があったので、2022年現在は49歳ということになります。

今回早稲田大学でアカハラしたとして懲戒処分されているという女性准教授は、

  • 年齢は40代後半
  • 既婚者で子供がいる
  • 2016年から早稲田大学准教授就任
  • アメリカの名門大学で博士号取得

このように報じられているので、上田路子氏には旦那や子供がいるということが特定されています。

また、早稲田大学の関係者も証言しています。

「米国の名門大で博士号を取得した40代後半の才媛です。自殺予防学の専門家としてテレビや全国紙に何度も登場。既婚者で子供もいます」(早大関係者)

ただ、早稲田大学は上田路子氏がアカハラの女性准教授と実名報道したわけではありませんが、学生には上田路子准教授について文章を出していました。

上田路子家族

学生の皆さんへ

3月25日に、政治経済学術院の学生が学術院所属の上田路子准教授および雇用者である早稲田大学を不法行為等で訴え、損害賠償を求める訴訟を起こしました。週刊誌などのメディアでは准教授の実名が報道されていないため、ネット上で誰が訴えられたかについて無責任な書き込みが大量になされ、本件と無関係の教員に大きな被害が生じています。

「政治経済学術院の学生が学術院所属の上田路子准教授および雇用者である早稲田大学を不法行為等で訴え」ということから上田路子氏へ対する訴訟ということになります。

上田路子氏は49歳で夫や子供がいて、しかも男子学生に自身の子供の送り迎えや食事の用意もさせていたということです。これは魔が差したというレベルではなく、完全にペット彼氏扱いか、使いっパシリレベルです。早稲田大学の関係者も「既婚者で子供もいます」ということから男子学生とは「不倫」関係ということです

また、上田路子氏は自宅にも男子学生を宿泊させています。夫や子供と暮らす自宅で同じ屋根の下「不倫関係」をワクワクしながら刺激を求め続けていたのでしょう。

そして、Twitterには上田路子氏の内容かと思われる投稿がありました。

上田路子家族

エリート旦那にはない良さがあったのではないかと思ってる。学生と付き合ったら確かにキレイになったしね。#早稲田大学 #上田路子

親子ほどの年の離れた若い男子学生と付き合うようになった上田路子氏は、身も心も艶やかで美しくなっていきました。

上田路子家族

上田路子氏自身の経歴が、マサチューセッツ工科大学(MIT)Ph.D.取得し、その後カリフォルニア工科大学Assistant Professor(准教授)就任しているという、華麗なる超エリートな階級なので、その経歴に釣り合う、またはそれ以上の夫と結婚しているはずです。そんな絵に描いたようなエリート夫婦は、仕事に追われ、旦那はなかなか家に帰ってこない日が続き、上田路子氏は寂しさのあまり、イケメン男子学生を自宅に呼び出したり、研究室の植物への水やりなどをさせ、公私混同してしまうのも仕方ないでしょう。2年間も体の関係があったな仲ならば、

こちらは上田路子氏の動画です。

上田路子氏は49歳にして仕草や柔らかに話す英語がとてもセクシーです。この美魔女には若い男性もそそられてしまいます。

新野りな職業暴露「手錠プレイのAVモデル」

三瓶博幸出身校は尚志高校「すでにあった裏の顔」

岡崎給食女性職員と校長の関係は不倫!

上田路子准教授家族「子どもを持つ女性の幸福度研究」

堂々と男子学生と不倫をしていた上田路子氏は「子どもを持つ女性の幸福度に関する研究」を熱心にしていました。

上田路子家族
子どもを持つ若年層を対象とした幸福度に関する研究
上田 路子、川原 健太郎 2013年1月
上田路子氏の「子どもを持つ若年層を対象とした幸福度に関する研究」の内容はこちらです。
上田路子家族

少子化問題を抱える現代社会において、一人でも多くの親が幸福を感じながら子育てをしていけるようにすることは大切である。特に次代を担う若年層が子育てに対して不安を感じ、子どもを持つことを躊躇することにならないよう、その現状を明らかにし解決策を探ることによって、子どもを持つことで未来への希望を持てるようにすることが求められる。本研究は平成23年度に内閣府によって実施された「生活の質に関する調査」を用い、20代・30代の子育て世代の幸福度が、子どもの存在によってどのように影響を受けているかを分析するものである。特に、子育ての負担は女性に多くかかっていると考えられることから、男女別の分析を様々な角度から試みた。

分析の結果、子どものいる若年層の女性は、子どもがいない同年代の女性に比べて、現在の幸福感、生活満足度、5年後の幸福度のいずれもが低い傾向にあることが明らかになった。男性の場合、子どもがいる男性と子どもがいない男性に間に幸福度の差は存在しない。さらに、世帯収入の高い女性は収入レベルが低い女性に比べて全般的に幸福度が高いものの、子どもがいる女性とそうでない女性の幸福度の差はかえって大きく、この結果は収入の高さは子育てに関する負担感を補うわけではないことを示唆している。また、常用雇用され、かつ子どもがいる女性は、現在の幸福感も生活満足度も低いという統計的に有意な結果が得られた。つまり、子どもを持つ女性の幸福度が子どもを持たない女性に比べて低いのは、共働きをしている女性が子育ての負担を多く感じていることによると思われる。さらに子育て支援サービスに満足している女性の幸福度と、子どもがいない女性の幸福度の間に統計的に有意な差は存在しない一方、満足していない女性の場合は、子どもがいない女性にくらべて幸福度が低い。この結果は子育て支援サービスの充実の重要性を示唆している。

特に上田路子研究で、注目すべきは「常用雇用され、かつ子どもがいる女性は、現在の幸福感も生活満足度も低いという統計的に有意な結果が得られた。つまり、子どもを持つ女性の幸福度が子どもを持たない女性に比べて低いのは、共働きをしている女性が子育ての負担を多く感じていることによると思われる。」の部分です。上田路子氏の統計から自身も、常用雇用され、共働きで家事の負担が多い事から幸福感が低かったと重ねているようにうかがえます。本当なら我が子がいて幸せなはずでしたが、それよりも男子学生との幸福感を求めてしまった結果、男子学生は上田路子氏との関係が原因でPTSD(心的外傷後ストレス障害)状態となり、一時は自殺を考えるほどになってしまったのです。

しかし、男子学生もいい大人です。もし体の関係が嫌だったら逃げられるはずです。自分にとって利用価値がなくなったから、上田路子氏を捨ててしまい訴えたとも考えられます。

上田路子経歴「自殺予防対策がうさん臭い」

上田路子氏は先述しましたが華麗なる超エリート経歴を持っています。

  • マサチューセッツ工科大学(MIT)Ph.D.取得
  • カリフォルニア工科大学Assistant Professor(准教授)就任
  • 東京大学、早稲田大学、内閣府経済社会総合研究所客員研究員
  • 2016年より早稲田大学に着任
  • NHEやラジオなどのメディアにも出演

そして上田路子氏は「女性や子どもの自殺予防対策」を前面に打ち出しラジオでも訴えていました。

【音声配信】「女性やこどもの自殺が深刻化。実証政治経済学で挑む自殺予防策とは」上田路子×荻上チキ×南部広美▼2021年3月23日(火)放送分(TBSラジオ『荻上チキ・Session』平日15時半~)tbsradio.jp/archives/?id=p あーあ…まぁ聞かないけどね。この番組
上田路子氏はもともとは政治学者ですが、近年は自殺防止の研究や、公衆衛生、政治学の分野でも論文を発表していました。著者には「自殺のない社会へ」を出しています。しかし、アカハラをするような方の自殺予防や公衆衛生はうさん臭く見えてしまいます。
また上田路子氏は、NPO法人「あなたのいばしょ」の理事にも就任しています。
上田路子経歴
24時間365日、年齢や性別を問わず誰でも無料・匿名で利用できるチャット相談事業を運営する特定非営利活動法人あなたのいばしょ(東京都港区、理事長 大空幸星)は、早稲田大学准教授の上田路子氏、ゼロトゥワン株式会社 代表取締役社長の荻原国啓氏が理事に就任したことをお知らせいたします。

両名の豊富な経験を生かし、今後とも団体理念である「望まない孤独をなくす」ため、孤独対策・自殺対策に取り組んでまいります。

上田路子氏のように、男子学生にアカハラして懲戒処分を受けて大学を退職した方が、若者の相談を受ける団体の理事を任せていて安心なのかが問われます。男子学生をPTSDに自ら追い込むような人に相談することは非常に怖いです。
もし、自分が男子学生の親で2年もの間、親世代の先生が我が子をペット彼氏にしていたなんて知ったら、即刻先生を解雇してもらうよう働きかけます。しかし、男子学生も年齢的にも精神的にも、親に言うことがとても辛かったと思います。一生女性が怖くて、トラウマになりその傷を背負いながら生きてきくことはとても辛いです。
また、上田路子氏は理事に就任した「あなたのいばしょ」は返信がこないと話題です。
あなたのいばしょ っていうサイトにチャットで質問したのに返ってこないし。 誰に相談したらいいのか。
あなたのいばしょに相談してるけど一生返信来ん おわりだ……

新野りな職業暴露「手錠プレイのAVモデル」

三瓶博幸出身校は尚志高校「すでにあった裏の顔」

岡崎市給食排泄物学校は城北中!

コメント

タイトルとURLをコピーしました