犬との生活

ヨークシャーテリアの散歩は毎日?時間帯・距離・気をつけること

ヨークシャーテリアは警戒心が強いですが、好奇心も旺盛の犬種です。どの犬種も、愛犬にとってのお散歩はとても大切です。

小型犬だし散歩の必要はない?回数、時間や距離はどのくらいが適切?

今回は、ヨークシャーテリアの散歩についてまとめてみました。

ヨークシャーテリアのお散歩デビューはいつから?

お散歩デビューは他の犬種同様、ヨークシャーテリアの場合もワクチンプログラムを終えた生後4ヶ月位からとされています。

ワクチン接種の前に外に出て歩いてしまうと、感染症を引き起こす原因となってしまいます。

ワクチン接種を終えるまでは、外に出る時は「抱っこ」をしてあげましょう。

こうして少しずつ外気に触れさせてあげると、音や刺激に慣れ、お散歩デビューがしやすくなるでしょう。

わが家のヨーキーちゃんは、初めは特に車の音にはびっくりしていましたね。様々な音と匂いに慣れさせてあげたいですね。

ヨークシャーテリアの散歩は毎日必要?雨の日は?

頻度

ヨークシャーテリアは華奢な体ですが、見た目によらず元気で活発です。

小型犬の運動量は室内でも十分だと思われがちですが、同じ場所に長い時間いるとストレスが溜まりやすくなります。

お天気が良ければ、毎日2回10分程度の散歩は、運動不足、ストレス解消に繋がります。
歩くことで、一緒にリフレッシュできることもとても楽しいですね。

雨の日は?

雨の日は家の中での運動をオススメします。犬にもよりますが、足が濡れることを嫌がったり、特に冬場は体が濡れて冷えてしまいます。

もし雨の中の散歩をしたあとは、タオルで水分を拭き取ってドライヤーで乾かしましょう。

いつものお散歩後の汚れてしまった足も同様、ぬるま湯で足先を洗いよく拭き取りましょう。

わが家は、毎日2回のお散歩は欠かさずに行きたいと思っています。

しかし、雨の日、忙しくて帰宅が遅くなってしまった時と、どうしても行けない時もあります。

そんな日は、雨が降っていなかった朝は行けたから、夜は家の前だけ。などと、1回行けたからOK!と、できる範囲内で行っています。

毎日のことなので柔軟に考えると負担も軽減しますね。

ヨークシャーテリアの散歩の時間・距離は?

ヨークシャーテリア散歩の目安時間は、10分~15分の距離にして1km位が適しています。

疲れてしまって歩かなくなってしまった時や、反対にグイグイまだ行きたいという時は、様子を見ながらその子にあった時間と距離、コースを決めていきましょう。

また、ヨークシャーテリアの体型は、足腰に負担がかかってしまいます。「膝蓋骨脱臼」になりやすい犬種ですので、必要以上の運動には気をつけましょう。急な段差や階段もできるだけ「抱っこ」をしてあげると予防になりますね。

また家の中でも、滑りにくいようにマットやカーペットで足を保護してあげましょう。

ヨークシャーテリアの散歩の時間帯・季節は?

夏場

ヨークシャーテリアは暑さにも寒さにも弱い犬種です。

体が小さいので夏の照り返しには注意が必要です。散歩に出る前に飼い主さんは、地面の温度を確認しておきましょう。意外にも熱くてビックリなんてこともあります。肉球保護のためにも気をつけてあげましょう。

冬場

ヨークシャーテリアは換毛期のないシングルコートなので、冬の寒さにも苦手です。できるだけ温かい時間帯を選んで行きましょう。

温度差にも気をつけたいので、嫌がらなければ、ドックウェアの着用も効果的です。

わが家のヨーキーちゃんは、厚めのジャケット?のようなものを着させてしまったら、固まって歩かなかったことがあります。それからは、柔らかい素材の動きやすそうなものを選んでいます。

ヨークシャーテリア散歩の時のトイレは?

もちろん、どの犬種もマナーと共にお散歩しましょう。排泄物は持ち帰ります

わが家はビニール袋の中に、トイレットペパーを巻いて入れておき、それを使ってウンチを取り、ビニール袋に入れて縛って持ち帰り、トイレットペパーごと自宅のトイレに流しています。

まとめ

ヨークシャーテリアは小さな体ですが活発に動き回ることが大好きです。

歩く時間と距離と体の様子を見ながら、毎日のお散歩ライフを一緒に楽しみましょう!

ぜひ参考に参考にしてみてください。