犬との生活

ヨークシャーテリアの性格や特徴&育て方まとめ!意外な歴史についても調べてみた

ヨークシャーテリアは「動く宝石」と呼ばれるほど、美しい絹のようなグラデーションがかった被毛を持ちます。

テリア気質な面があり、強気ですが、とても愛情深い活発な犬です。

今回は、ヨークシャテリアの歴史や性格や特徴、育て方をまとめてみました。

ヨークシャーテリアの歴史

「ヨーキー」の愛称で親しませているヨークシャーテリアは、19世紀にイギリスで誕生した小型犬です。

ヨーキーは当時、愛玩犬ではなく、倉庫や工場などで作物や人間の食べ物を荒らす、ネズミ狩りの仕事をしていました。

室内でネズミを追えるほど小さく活発なテリアとして、市民の間で飼われていました。

現在のヨーキーは、絹のようなすべすべした直毛ですが、この頃は様々な犬種との交配で、毛質だけでなく、サイズも5kg以上の子もいました。

テリア種やマルチーズの掛け合わせを繰り返し改良されました。

犬種として安定して行く過程で、ヨーキーは小型化され、なめらかな被毛になりました。

サイズの小ささ、被毛の美しさ、明るく活発な性格が人気となり、次第に貴族などの上流階級でも飼われるようになりました。

日本では戦前から飼われていましたが、戦後の高度成長期の豊かな時代になると家庭犬として有名になり、今では人気トップ10に入る犬種になりました。

わが家のヨーキーちゃんは、2.4kgでとても体型は小さいですが、非常に活発に動きます。

お散歩中に、猫や、人には見えなかった「何か」を見つけると、低空姿勢で狙ったようにすばしっこく走り出します。

突然の動きにビックリするほどの瞬発力です。

この動きがおそらく、ネズミ狩りをする時の動きなのだと想像ができます。

こんな時がいつでもあると心して、気を付けながらお散歩をしています。突然の動きが予測不可能なヨーキーちゃんです。

ヨークシャーテリアの特徴

ヨークシャーテリアはテリア種ではありますが、絹のような細くしなやかな直毛が特徴的です。

動く宝石として称される美しいロングヘアーを持ちますが、一般家庭でお手入れしやすいように短くカットすることも人気です。

テリア種では最小のサイズですが、テリア気質は残っているので、しつけには注意が必要です。

体型・体質

ヨークシャーテリアの体重は3.2kg以下、体高は15cm~18cmの小型犬で、チワワ同様で世界最小の犬種としてギネスブックに登録されたほどです。

作出には、大きなサイズの犬種とも掛け合わせがあったため、標準より大きめのサイズになることもあります。

平均寿命は14歳~16歳で、長寿犬が多く18歳まで生きる子もいるそうです。

先日、ヨーキーちゃんとお散歩をしていたら、すれ違った方に話しかけてもらいました。その方の飼われているヨーキーちゃんは、20歳になったそうです。

まだまだ元気ということで嬉しくなりました。より一層、元気でいられる環境作りが大切だと再確認しました。

毛色・被毛・抜け毛

ヨークシャーテリアの子犬は、全身のほとんどが黒い毛で覆われています。大人になるにつれ、少しずつタンの色が増えていき、黒い毛は灰色やシルバーや金色になります。この被毛は生涯7回色が変わると言われています。

被毛は、シングルコートで抜け毛は少なめですが、細く絡まりやすいので毎日のブラッシングが重要になります。

ヨークシャーテリアの性格

社交的で人見知りが少ない

ヨークシャーテリアは社交的で、人見知りは少ないと言われています。

人懐っこくて甘え上手なので、つい甘やかしそうになりますが、甘やかし過ぎるとわがままな子に育ってしまうので、加減が必要です。

好奇心が強く負けん気が強い

ヨークシャーテリアは狩りをしていたというルーツから、好奇心が強く、負けず嫌いな一面もあります。

小型犬ながら、勇敢で活発自己主張をするテリア気質です。好奇心旺盛で探究心が強い性格をいかし、ゲーム感覚でしつけを行うと、効率よく覚えてくれるでしょう。

ヨークシャーテリアの育て方

適した環境

ヨークシャーテリアは暑さにも寒さにも弱いので、室内飼育はもちろん、温度管理には気を配りましょう。室温は20℃~25℃に設定し、夏場は冷却マットを敷いたり、冬場は洋服を着させたり、適切な温度環境で過ごさせてあげましょう。

また、室内のフローリングは足の関節を守るために、床にはマットやカーペットを敷くなど、対策を取りましょう。

適度な運動

ヨークシャーテリアの運動量は多くないので、室内の運動でも十分ですが、走り回ったり、動くことが大好きです。

気分転換のため1日2回の10分~15分のお散歩は必要です。

運動不足解消のためや、社会性を身につける一環としても、定期的なお散歩や外出を行いましょう。

メリハリのあるしつけ

ヨークシャーテリアはテリア気質な性格のため、十分なしつけが必要です。

主従関係をしっかり築き、アイコンタクトなどを活用して、メリハリのあるしつけを行うことが必要です。

賢い犬種なので、一度覚えると忠実に守ってくれます。根気強く教えていきましょう。

成功した時は褒めるを繰り返し、飼い主さんがリーダーということを覚えさせてあげます。

また、警戒心が強いため来客のチャイムの音や掃除機の音もに敏感です。

マンションで飼う場合はこのような生活音に小さいうちから慣れさせておきましょう。

わが家のヨーキーちゃんは、チャイムの音と、来客でも特に制服を着た男性に敏感で吠えてしまいます。(_ _;)

こちらは、どうもいくつになっても直りません…
ただ、掃除機に音などの生活音は、子犬の時に抱っこをしながら掃除機をかけて、話しかけ、怖くないものと覚えさせました。子犬の時から少しずつ慣れさせてあげることは大切ですね。

毎日のケア

ヨークシャーテリアのケアは、毎日の被毛のブラッシングを行います。

定期的なトリミング、耳掃除、爪切り(わが家は月に1回程度)を、近所のサロンにお願いしています。

少しの時間のお預かりもしてくれるので、子犬の時から慣れさせておくと安心です。

毎日体に触れて、体調のチェックもしてみましょう。

まとめ

今回は、ヨークシャーテリアの歴史や性格や特徴、育て方をまとめてみました。

ヨークシャーテリアのルーツを知ると、性格や特徴がよく理解できますね。

子犬の時からのしつけや、犬種にあった環境作りも大切ですね。

ヨークシャーテリアをこれから飼ってみたい方、ご興味を持ってもらえたら嬉しいです。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!