北海道森町ゴーカート事故

吉田せな両親「毒親キラキラネームの悲劇」森町グリーンピア大沼ゴーカート事故

yoshidasena ryoushin 北海道森町ゴーカート事故

2022年9月18日北海道森町にある「グリーンピア大沼」で開催されたイベントで、加害者である11歳の女児が運転するゴーカートがコース周辺にいた人たちに突っ込む事故が起きました。その中にいた吉田成那(よしだ せな)ちゃん2歳が意識不明の重体でしたが、9月19日に死亡が確認されました。吉田成那ちゃんは函館に住んでいてトヨタのイベントに遊びに来ていました。吉田成那ちゃんの家族や両親(父親、母親)兄弟、また事故動画を調査しました。

南朝芽小学校は新松戸西小「7歳の子が一人で行く距離でない」

阪上和也Twitter特定「残高254円の経営者」彼女はパパ活で経歴も嘘

河本千奈ちゃん両親「ママのお腹をなでる優しい手」10日後の誕生日

吉田成那両親「自己防衛が足りなかった」心無い声

2022年9月18日、楽しい3連休の最中に「グリーンピア大沼」で開催されたイベントで11歳の女の子が運転するゴーカートが突っ込み、吉田成那ちゃん(2)の死亡が確認されました。

北海道・森町のイベント会場で11歳の女の子が運転していたゴーカートが子どもたちのグループに突っ込んだ事故で、警察は19日、意識不明となっていた2歳の男の子が死亡したと発表しました。18日正午前、森町のイベント会場で、11歳の女の子が運転していたゴーカートがコース外にいた1歳から4歳の子ども4人と大人1人のグループに突っ込みました。この事故で、吉田成那ちゃん(2)が頭から血を流し病院に運ばれ意識不明の重体となっていましたが、きょう午前、死亡が確認されたということです。警察は安全管理が適切だったかなど当時の状況を調べています

(引用:Yahooニュース)

Yahooニュースによると、1歳から4歳までの子供と大人一人という事で、この中に吉田成那ちゃんがいました。

吉田成那ちゃんは2歳なので両親が近くにいて、一緒に怪我をしていることもあります。ただネットでは2歳の子を危険な場所に連れて行っていることに疑問を抱く声が上がっていました。

yoshidasena ryoushin
順番待ちの列に2歳児がいるのは意味がわからない
もし保護者と一緒にいたなら保護者も怪我をしているはずだが
yoshidasena ryoushin
2歳児の親はどこでなにしてたのかな
危険察知して子供守ってあげればいいのに
加害女児可哀想に
yoshidasena ryoushin
キラキラネームが生んだ悲劇だな‥
だいたい2歳児にカート見せてなにがしたい?
yoshidasena ryoushin
今の人達は「開催する側」に安心感を持ち過ぎていると思う。 私の若い頃は、普通に「ここ、ちょっと危なくない?」という風に 感じた場所では、たとえ開催する側が許可している場所でも 入らないようにしたりする、いわゆる「自己防衛」をしていた。 もちろんそういう「時代」だったという部分も有るとは思うが やはり何かが起こった時に損をするのは自分の方なのだから 遊園地の乗り物の整備不良等の、回避しようのない危険は仕方ないが そうではない、想定できるものに対しては、自己防衛も必要だと思う。 「開催する側」の責任を追及したところで、命は還ってこない。

ネット上では一定数、被害者遺族を叩く意見があります。しかし今回の事故で一番の被害者で辛いのは吉田成那ちゃんの両親や家族です。

決して吉田成那ちゃんを放置していたわけではなく、安全だと思っていたイベントで、突然40キロのスピードで突っ込んできたら、自己防衛や危機管理ができていないという言葉で片づけられる問題ではないのです。

吉田成那ちゃんの親としたら、11歳女児に怒りをぶつけるのか、運営側や主催者に責任を問うのかと、怒りと悲しみのやり場がわからなく本当に計り知れない思いでいっぱいで涙が止まりません。一番大切な子供を目の前で亡くすなんて考えられないですし、車にも乗れなくなりトラウマで夜も眠れないです。

吉田せな両親「毒親キラキラネームの悲劇」事故の因果?

吉田成那ちゃんの両親は、家族で一緒に楽しむために函館市から「グリーンピア大沼」のオールトヨタカートゾーンへ遊びに来ました。

こちらの画像は「グリーンピア大沼」で開催された「函館地区オールトヨタクルマファンフェス」の告知です。

yoshidasena oya
本格高速走行コースを保護者の方と一緒に体感できる低速走行コースをご用意!!味わったことのないスピード感を体験!この機会にモータースポーツにTRYしよう!!
吉田成那ちゃんの父親か母親は、モータースポーツが大好きだったか、車関係の職業についている可能性があります。親子で体感できるイベントなので、とても貴重なイベントです。吉田成那ちゃんの両親は、トヨタ車を所有しているか、トヨタ関係の仕事だったのか、また、車好きが高じてこのイベントに参加しました。
何といっても「せな」ちゃんという名前から、F1レーサーのアイルトン・セナ選手の大ファンだったことが推測できます。
親だったら、大好きで憧れている人の名前を自分の子供に付けたいと思い、その名前に愛を込めます。吉田成那ちゃんの両親は、早くから自分の好きな車やレースを生で見せたという願いから、トヨタのイベントに参加しました。息子の吉田成那ちゃんも、かっこいいレーサーになってほしいという願いもあったのでしょう。楽しいはずの3連休にまさか事故が起こるなんて誰も思いません。
吉田成那ちゃんの両親は、どうしてこの日にこの場所に訪れたのか、大切な我が子を守れなかったという後悔の念に駆られているはずです。
yoshidasena ryoushin
北海道森町赤井川の「グリーンピア大沼」のイベント会場で走行中のゴーカートが順番待ちの男児3人に突っ込んだ事故で、吉田成那(せな)ちゃん(2)の死亡が確認された 名前が「セナ」なのが切ない… ご冥福をお祈りします
yoshidasena ryoushin
アイルトンセナも事故死だし偶然なんだろうけど因果を感じてしまうわ
yoshidasena father
セナとか名前つけるからだよ…
事故死した天才の名前つけるとか親は何を考えてんのか…
吉田成那ちゃんの両親に対して、事故死したアイルトン・セナさんの名前を付けたことが「毒親がキラキラネームを付けた」とあたかも悪いのような心無い言葉が目立ちますが、そんなことで叩かないでほしいです。大切な我が子に付ける名前です。親の願いが込められた名前を人にとやかく言われたくないです。
管理人の友人の子供は、元気でいてほしいために名前の一部に健康にまつわる一文字を入れました。しかし、一歳の時から重病持ちで改善傾向ですが、現在も介助中です。
確かに名前について自責の念を抱いていました。しかも親戚や関係ない人から「そんな文字を入れるからだ」と言われたこともあったみたいです。「名は体を表す」という言葉がありますが、他人がとやかくいう問題ではありません。

半澤彩奈Twitter顔画像特定「目がパッチリ黒髪の美人ギャル」ひいき体質が酷い

阪上和也Twitter特定「残高254円の経営者」彼女はパパ活で経歴も嘘

河本千奈ちゃん両親「ママのお腹をなでる優しい手」10日後の誕生日

吉田成那家族「泣き叫ぶ地獄絵図」目撃証言

今回の北海道森町「グリーンピア大沼」で行われたゴーカート事故で亡くなったのは吉田成那ちゃん2歳です。

先述しましたが報道によると「1歳から4歳の子ども4人と大人1人のグループに突っ込んだ」とされていますが、吉田成那ちゃんの両親がどちらか巻き込まれ怪我をしたのか、巻き込まれた1歳から4歳の他の子どもが、吉田成那ちゃんの兄弟だったのかはまだわかっていません。

また当時の目撃者の証言が出ていました。

「AEDを使ってすぐに心臓マッサージをしていた。子どもも顔が血だらけで…怖いし。ベビーカーも倒れていた」

(引用:Yahooニュース)

ベビーカーに乗っていた子が吉田成那ちゃんだったのか1歳の他の子どもだったのか、また大人一人が吉田成那ちゃんの父親か母親だったのかもわかっていません。

また、その場にいた方のツイートを発見しました。

yoshidasena kazoku
ゴーカート事故、その場にいたけど親と周囲は泣き叫ぶ地獄絵図、マジしんどい。#ゴーカート事故

吉田成那ちゃんの親や周囲はということなので、もしかしたら周りに兄弟がいたとも考えられます。こんな惨事を家族が目の当りにしたら、半狂乱になります。

吉田成那死亡「ゴーカートではなくレーシングカート」危険すぎ

北海道森町の「グリーンピア大沼」で行われたトヨタ関連主宰のイベントで「ゴーカート事故」というワードが目立ちます。

一般的にゴーカートとは、路線が定められていて、スピードも低速で、100円入れたら動くような安易な乗り物をイメージしてしまいます。

しかし今回のゴーカートと呼ばれるものは、

  • 時速40kmも出る本格的なレーシングカート
  • ホテルの駐車場に作った簡易的なコース
  • 事前の説明だけで初心者の11歳に運転させる
  • フェンスのない場所に観客
  • 素人の子供が40キロ出るカート制御するようなシステム

という一般的なゴーカートのイメージとはだいぶかけ離れています。

yoshidasena shibou
←俺がイメージしていたゴーカート 実際のゴーカートと思しき画像→   …いや、これで40km/時で突っ込んだとか、乗ってた子が無事だったのがせめてもの救いだ。視界が低いから、体感速度なんて100-120km/時の世界だぜ。そりゃパニックになるよ… 2歳の子とご家族が気の毒でならん…

スピード感覚がわかる動画があがっていました。

ゴーカートっていうかレンタルカートだと思うんだけど、こんなスピード感のを初心者の小学生が操作するのは相当危ないのに安全マージンを十分に取らなかった運営が良くないと思う
このツイ主さん曰く、カメラの画角的に実際より若干速めに見えているので体感だともう少しゆっくりです(とは言え速いのに変わりはない)と投稿しているので、体感的にはかなり早く、初心者でしかも小学校5,6年生の女の子が運転するには早くて、アクセルとブレーキがわからないくらいパニックになることは十分あります。
また主催者側のコメントは、責任について「女児がアクセルを踏みっぱなし」と強調しています。
事故が起こった際、時速40キロのスピードが出ていた。 ゴーカート× レーシングカート〇仕切り代わりにもならないカラーコーンが置かれてただけの未対策 主催者側の責任を『女児がアクセル踏みっぱなし』を強調。

運営スタッフの函館トヨペットの坂下裕一車両企画部長と新千歳モーターランドの九谷田聡常務の話によると、

  • ピットインすることで低速になる場所だったのでフェンスがない状況
  • 安全対策はしっかり取っていたのですが予期せぬことが起きてしまった

と安全対策はしていたという認識でした。

しかし、南幌リバーサイドカーとランドの櫻井泰己代表の話では「突っ込んでくるカートを止められるかどうかという検証ができていなかったから起きた事故だろうな」と想定の甘さを指摘していました。

yoshidasena haha

ゴーカートのコースを見る限り三角コーンと細いポールのみで、突進していきたら食い止められるはずがないくらいの仮設のようで簡易的な作りです。そして近くに見物客が入れることも、危機管理不足だったのです。

吉田成那函館ゴーカート事故動画「カートの前は壊れている」

3連休中日の18日、道南・森町の車の体験イベントで起きた事故。11歳の女の子が運転するゴーカートが、コースを外れて見物客に突っ込みました。 この事故で、函館市の吉田成那ちゃん(2)が意識不明の状態で病院に運ばれ、19日午前、死亡が確認されました。他にも、4歳の男の子2人がけがをしています。

(引用:Yahooニュース)
  • 2022年9月18日午前11時45分頃
  • 11歳女児が運転するゴーカートが見物客に突っ込む
  • 吉田せなちゃん(2歳)は死亡、1歳から4歳の子どもと、1人の大人がケガをした
  • 事故当時のゴーカート速度は40㎞
  • 異変が起きたのは、数回コースを回った後、ゴールの直前
  • アクセルを踏みっぱなしにしていた状況と見られている
  • カートの前部分は壊れている
  • 女の子は身長140㎝以上が対象の大人用のカートを1人で運転し、事前に講習も受けていた

ゴーカートの前側部分が壊れているという悲惨な状況から、スピードが出ていて勢いよく突っ込んでしまったことが推測できます。

yoshidasena oya
事故直後の様子

そんな事故当時の動画を探しましたが、TwitterやYouTubeには出回っていませんでした。しかし、事故直後の動画や警察の現場検証の様子がありました。

<追記>吉田成那母親「ヒーローごっこ好きで全部がかわいい子」悲痛な思い

9月20日配信の読売新聞オンラインによると、吉田成那ちゃんの母親の様子が掲載されていました。

吉田成那ちゃんの母親は、読売新聞の取材に対して…

  • 「一瞬の出来事だった。痛かったかな……。びっくりしたと思う」と声を詰まらせながら語った。
  • 倒れた成那ちゃんに駆け寄り、何度も声をかけたものの反応はなかった。
  • 成那ちゃんはヒーローごっこが好きで、「変身!」と大きな声を出しながら、ウルトラマンのお面をつけて遊ぶ元気いっぱいの男の子だった
  • 「目がくりくりして、全部がかわいかった。先のことは、まだ何も考えられない」と言葉を絞り出した。

吉田成那ちゃんは2歳ということで、覚えたての言葉で「変身!」と楽しく遊び、父親や母親を喜ばせていたに違いありません。吉田成那ちゃんの母親にとっても一瞬の出来事で受け入れがたい事実に心が痛みます。

南朝芽小学校は新松戸西小「7歳の子が一人で行く距離でない」

半澤彩奈Twitter顔画像特定「目がパッチリ黒髪の美人ギャル」ひいき体質が酷い

河本千奈ちゃん両親「ママのお腹をなでる優しい手」10日後の誕生日

Manly times

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました